「ワタル&グランゾート展」明日から!芦田豊雄の原画や初期案の企画書など並ぶ

2102

「魔神英雄伝ワタル&魔動王グランゾート展」が、11月22日から12月15日まで東京・西武渋谷店 モヴィーダ館7階のスペースJにて開催される。本日11月21日には、マスコミ向けの内覧会が実施された。

「魔神英雄伝ワタル」のイラスト。

「魔神英雄伝ワタル」のイラスト。

大きなサイズで見る(全60件)

「魔動王グランゾート」のイラスト。

「魔動王グランゾート」のイラスト。[拡大]

本展は1988年、1989年にそれぞれ同枠で放送がスタートし、30周年を迎えたアニメ「魔神英雄伝ワタル」および「魔動王グランゾート」シリーズの合同展覧会。井内秀治監督が世に送り出した2シリーズの、雑誌、ソフトのパッケージ、カレンダー用などに描かれたイラストを数多く見ることができる。そのほか企画書や絵コンテ、台本、キャラクターやメカの設定資料なども展示された。

「魔神英雄伝ワタル」の絵コンテ。

「魔神英雄伝ワタル」の絵コンテ。[拡大]

「ワタル」シリーズからは、TVやOVA、ラジオドラマのイラストや資料のみならず、新プロジェクト「七魂の龍神丸」の資料も並ぶ。「グランゾート」からは初期案「魔動戦記AZORT」の企画書や、グランゾートの変形機構を試すための模型など、貴重な資料も飾られている。

「魔動王グランゾート」のコーナーより。グランゾートや武者メタルの変形機構を試すための模型や、魔動銃を商品化するための原型が並ぶ。

「魔動王グランゾート」のコーナーより。グランゾートや武者メタルの変形機構を試すための模型や、魔動銃を商品化するための原型が並ぶ。[拡大]

またサンライズの協力により、2作品に参加した芦田豊雄のイラスト原画も公開されている。芦田の原画がファンの目に触れるのは、2011年より行われた「芦田豊雄回顧展」以来のことだ。また展示品のうち、10種は複製原画として販売される。

芦田豊雄による原画コーナー。

芦田豊雄による原画コーナー。[拡大]

なお明日11月22日から24日までの3日間は混雑が予想されるため、入場規制が行われる。会場ではアパレルやプラモデルといったグッズの販売や、吉松孝博、竹内浩志、松下浩美、神志那弘志によるサイン会も実施。チケット情報など、詳細はイベントの公式サイトで確認を。

この記事の画像(全60件)

「魔神英雄伝ワタル&魔動王グランゾート展」

期間:2019年11月22日(金)~2019年12月15日(日)
時間:10:10~21:00 ※最終入場は20:30
会場:東京都 西武渋谷店 モヴィーダ館7階スペースJ

全文を表示

関連記事

井内秀治のほかの記事

リンク

関連商品

(c)SUNRISE・R

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 井内秀治 / 芦田豊雄 / 竹内浩志 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。