短編マンガ制作を競う「マンガミライハッカソン」太田垣康男&小沢高広がゲスト審査員

24

「東アジア文化都市2019豊島」の一環として行われる企画「国際マンガ・アニメ祭 REIWA TOSHIMA」のプレイベントとして、「マンガミライハッカソン」と題したプロジェクトを実施。このゲスト審査員を、太田垣康男、小沢高広(うめ)が務める。

「マンガミライハッカソン」ロゴ

「マンガミライハッカソン」ロゴ

大きなサイズで見る(全4件)

「マンガミライハッカソン」は、マンガ家・脚本家・エンジニア・学者・学生など多様な人たちがユニットを組み、世界へ発信する短編マンガ制作を競うプロジェクト。10月10日、19日、11月9日の3日間、東京・デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパスにて行われる。「新たな人間性・未来社会・未来都市」をテーマに、作家や研究者たちがチームを組んでプロトタイプ作品を短期間で制作し、11月15日から17日の「国際マンガ・アニメ祭 REIWA TOSHIMA」会期中に成果発表と授賞式が行われる。現在ユニットへの参加募集が行われており、締め切りは9月27日23時59分。

※記事初出時、一部表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

この記事の画像(全4件)

太田垣康男のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 太田垣康男 / うめ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。