コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

浦沢直樹の19年ぶりの短編集「くしゃみ」に全8編収録、カラーも再現

162

浦沢直樹による19年ぶりの短編集「くしゃみ 浦沢直樹短編集」が、本日4月26日に発売された。

A5判にて刊行された「くしゃみ 浦沢直樹短編集」には、1995年に絵本雑誌のおおきなポケット(福音館書店)に掲載されたフルカラー作品「ヘンリーとチャールズ」や、ミュージシャンの遠藤賢司が遺したエピソードをマンガ化した「いっつあびゅうてぃふるでい」など、全部で8編を収録。雑誌掲載時のカラーも計40ページにわたり再現されている。

編集担当者コメント

最新作「あさドラ!」第1集発売から二か月連続刊行!常に長編連載作を(20年にわたり週刊、隔週誌で同時に!)描き続けてきた傍ら、各誌に寄稿してきた短編たち。今回19年ぶりに短編集としてそれら8編が、一冊にまとまりました。超人・怪獣・超能力といった荒唐無稽なモチーフが登場する物語たちの中で描かれていく、懸命に生きる市井の人々のおかしさ、情けなさ、愛おしさ。誰もが夢中になる浦沢漫画の“面白さ”、その真髄がぎゅっとつまった、珠玉の全8編です。

(c)浦沢直樹・N WOOD STUDIO/小学館

コミックナタリーをフォロー