コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ハード・コア」舞台挨拶、山下敦弘「こんな景色を見られるとは思ってなかった」

312

「ハード・コア」初日舞台挨拶の様子。左からロボオ、荒川良々、山田孝之、佐藤健、山下敦弘監督。

「ハード・コア」初日舞台挨拶の様子。左からロボオ、荒川良々、山田孝之、佐藤健、山下敦弘監督。

狩撫麻礼・いましろたかし原作による実写映画「ハード・コア」の初日舞台挨拶が、本日11月23日に東京・新宿バルト9で行われた。

「ハード・コア」は世間に馴染めず、活動家の埋蔵金掘りを手伝って生計を立てている男・権藤右近を主人公に描かれるヒューマンドラマ。舞台挨拶には権藤右近役の山田孝之、権藤左近役の佐藤健、牛山役の荒川良々、監督を務めた山下敦弘、謎のロボット“ロボオ”が登壇した。本作を「特別な作品」と語る山下監督は初日を迎えたことについて「寂しさもありつつ、複雑な思いです。山田くんと原作の話をしたのが8年ぐらい前。5年前から企画を進めてようやく今日皆さんに届けられます」と感慨深げに述べる。また、映画にプロデューサーとしても関わっている山田に対し「個人的に、山田くんありがとうございました!」と感謝を口にし、「こういう世界の端っこというか、隅っこを描いたような原作で、こんな景色を見られるとは思ってなかった」と満席の客席を見渡した。

山下と同様原作のファンである山田は「僕が原作を知ったときには絶版していて、本屋では売られてなくて。普通はそんな作品の映画化には手を出せない。でも素敵な作品なので、映画化することで多くの人に知ってもらえてよかったと思います」と述懐。「朝から見るような映画じゃないと思いますが、(観客が)楽しそうにしているので安心しました。きっと大ヒットすることでしょう(笑)」と笑顔を浮かべる。また同じく「大好きな原作」と話す荒川も「20代半ばの頃、山下監督に『ハード・コア』やるなら牛山役はぜひと話をしていて。まさか実現して、こんな初日を迎えられるとは」と語った。

そして山田との兄弟役を演じた佐藤は「似てない兄弟かと思いきや、兄弟らしいシーンもあって。(山田に)似せようという意識はなかったんですが、出来上がった映画観て『我ながら似てるな』と(笑)。うれしかったです」とコメント。観客に「どうでしたか?」と投げかけると、客席から上がった拍手に微笑んだ。

映画のタイトルにちなみ、最近あったハードな出来事やハードな生き方をしていると思う人物を問われた登壇陣。山下が撮影現場の大変さを挙げると、山田も「本当にハードだった。朝から朝までっていう撮影が何度も。愚痴りたいけど愚痴れないから、Instagramでちょっと遠回しに愚痴ったり(笑)」と振り返る。また佐藤は「孝之くんを見てると、自分の生き方がハードとか言えない。この人ほどハードな生き方をしている人はいないんじゃないかな」と山田を見つめる。「役に入り込んだときの深度の次元が違う。本番中に気を失ったりするんですよ。台本に『慟哭する』と書かれてて本当に気を失って救急車呼ばれたり」とエピソードを明かり、観客を驚かせる。そんな佐藤の言葉に、苦笑しながらも山田は「人生はいつもハードだなと思います。なんでこんなに大変なんだろうなと。勝手な使命感ややりがいを感じて、そこに喜びを見いだしているんでしょうね。もう早死にする人の典型ですよ(笑)。でもやりがいはあるし楽しいです」と素直を思いを口にした。

最後に山田は、本作のメイキングに言及。「その映像もすごくセンスがよくて。DVDにはなると思うんですが、1日限定上映の機会とかも設けられるかもしれません」と明かし、「映画の現場ってこんな壮絶なんだと知れると、より一層作品に対する愛も深まるんじゃないかと思います。また別の視点から映画を楽しんで、作品に対する愛を深めてもらえたらうれしいです」と語る。そして山下が「自分にとっては特別な作品で、不安もいっぱいですし、ようやく届けられる喜びもある。でもこれからは皆さんのもの。とにかく大切な映画なのでかわいがってください」と締めくくった。「ハード・コア」は全国の劇場にて公開中。

なおコミックナタリーでは、2週間限定で原作となる「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」第1話の試し読みを公開中。気になった人は一読してみてほしい。

(c)2018「ハード・コア」製作委員会

コミックナタリーをフォロー