コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」12月劇場公開、片渕監督&のんが再タッグ

6677

こうの史代原作による映画「この世界の片隅に」に、約30分の新規シーンを追加した別バージョン「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が、12月に劇場公開される。発表にあわせて、ティザービジュアルと特報映像が解禁された。

同作は「この世界の片隅に」を手がけた片渕須直監督が、現行版では拾いきれなかった原作の魅力的なエピソードを描き足すことによって、主人公・すずだけではない“さらにいくつもの人生”を描き出したいと考えたことから始動。現行版とは一部主題も変わってくるため、別の題名をつけた“もう1本の映画”として制作されることになった。新タイトルは片渕監督が案を出したもので、原作者のこうのも快諾している。

追加されるシーンは、すずが嫁ぎ先の町で出会った同世代の女性・リンと交流する、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソードや、妹・すみを案じながら過ごす中で迎える、昭和20年9月の枕崎台風のシーンなど。新しい登場人物や、既存の登場人物の別の側面にスポットを当てることで、キャラクターの心の奥底で揺れ動く複雑な感情を描出。すずも、より大人の印象を与えるキャラクターとしてお目見えする。

主人公・すず役はのんが続投。音楽も引き続きコトリンゴが、主題歌を含むすべての劇中曲を担当し、新曲も制作する。片渕監督は「明るくぼーっとした人のように見えるすずさんが自分以外の『世界の片隅』と巡り合うとき、すずさんの中にはどんな変化が生まれるのでしょうか。すずさんの中にあったほんとうのものを見つけてください」とコメントを発表した。

特報映像はコトリンゴが歌う「悲しくてやりきれない」に乗せて、紅を付けた指がリンの横顔を描いていくもの。新たに収録された、すずの「リンさんを探して。そう、うちの声が言うのが聞こえた」というセリフも聞くことができる。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」

テアトル新宿・ユーロスペースほかにて12月全国公開

スタッフ・キャスト

原作:こうの史代この世界の片隅に」(双葉社刊)
企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
美術監督:林孝輔
音楽:コトリンゴ 
プロデューサー:真木太郎
監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル
製作:2018「この世界の片隅に」製作委員会  
出演:のん細谷佳正稲葉菜月尾身美詞小野大輔潘めぐみ岩井七世牛山茂新谷真弓、澁谷天外

(c)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

コミックナタリーをフォロー