コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

キン肉ファン大集合!ゆでたまご初サイン会レポート

「キン肉マン」の22年ぶりとなる最新37巻発売を記念したゆでたまごのサイン会が、本日1月29日、紀伊國屋書店新宿本店にて開催された。30年以上に及ぶマンガ家人生で、ゆでたまごが正式にサイン会を催すのは意外にも今回が初。

ゆでたまごは原作担当の嶋田隆司、作画担当の中井義則によるコンビ。1979年、週刊少年ジャンプ(集英社)にて代表作「キン肉マン」で連載デビューを果たした。現在も主役を息子へと変更した「キン肉マンII世 究極の超人タッグ編」を週刊プレイボーイ(集英社)にて連載中で、ライフワーク的に同シリーズを描き続けている。

会場には、事前に配布された整理券を持つ約100名のファンが集結。青春を「キン肉マン」とともに過ごしたであろう往年のファンから若年層までが詰め寄せた。子連れで会場を訪れる「キン肉マンII世」ならぬ親子2世ファンや、バレンタインのプレゼントを渡す女性ファンの姿なども。

サイン会が始まると作画担当の中井がイラストを描き、原作を務める嶋田がサインを入れていく見事なコンビネーションを発揮。息の合った熟練の技で、次々とサインを完成させていく。サインの合間にはファンとの雑談で盛り上がる姿も見せ、初サイン会という記念すべき日をゆでたまごのふたりも満喫した様子だ。

なお今回の最新37巻刊行に合わせ、既刊36巻を特装ボックスに収めた「JUMP COMICS『キン肉マン』1~36巻復刻BOX“伝説(レジェンド)”」のリリースが決定。復刻BOX限定のフィギュア「友情の人形」と、それをセットするジオラマリングも同梱する豪華仕様だ。受注生産で予約は5月7日まで、発売は8月20日を予定している。

コミックナタリーをフォロー