「アホガール」今夏TVアニメ化!草川啓造が総監督、制作はディオメディア

408

ヒロユキ「アホガール」のテレビアニメ化が決定した。

別冊少年マガジン3月号に掲載された、アニメ「アホガール」の告知ページ。

別冊少年マガジン3月号に掲載された、アニメ「アホガール」の告知ページ。

大きなサイズで見る(全4件)

「アホガール」はどこまでもアホな女子高生・よしこと、よしこのアホを直そうと奮闘する幼馴染のあっくんらが織りなすギャグマンガ。同作は2012年より週刊少年マガジンにて連載がスタートし、2015年に別冊少年マガジン(ともに講談社)に移籍した。単行本は8巻まで刊行されている。

アニメ化の発表と合わせて、スタッフも明らかに。「魔法少女リリカルなのは」シリーズや「風夏」などで知られる草川啓造が総監督を務め、監督は玉木慎吾、シリーズ構成はあおしまたかし、キャラクターデザインは石川雅一が手がける。またアニメーション制作はディオメディアが担当。アニメは今夏、全12話で放送される。

この記事の画像(全4件)

アニメ「アホガール」

総監督:草川啓造
監督:玉木慎吾
シリーズ構成:あおしまたかし
キャラクターデザイン:石川雅一
アニメーション制作:ディオメディア

関連記事

リンク

関連商品

(c)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会