コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

宮野真守も歓喜!「亜人」舞台挨拶で大塚芳忠が「歴代最強ワル」の佐藤役語る

769

「亜人 -衝戟-」の初日舞台挨拶にて、左からIBM、安藤裕章、平川大輔、宮野真守、大塚芳忠、瀬下寛之、IBM。

「亜人 -衝戟-」の初日舞台挨拶にて、左からIBM、安藤裕章、平川大輔、宮野真守、大塚芳忠、瀬下寛之、IBM。

桜井画門原作による劇場アニメ第3部「亜人 -衝戟-」が、本日9月23日に封切られた。初日舞台挨拶が東京・お台場シネマメディアージュにて開催され、永井圭役の宮野真守、佐藤役の大塚芳忠、田中功次役の平川大輔、総監督の瀬下寛之、監督の安藤裕章が登壇した。

宮野は劇場アニメ3部作の最終章が公開されたことに「ただただうれしく思います。うれしいようで寂しいようで」と思いを吐露し、喜びを噛み締める。そして同シリーズの舞台挨拶に、満を持して登場した大塚。挨拶が終わると、観客はひときわ大きな拍手で応えた。宮野は「会場のお客さんの反応が僕と一緒でうれしい。ここに芳忠さんが、佐藤さんがいる……。歴史的瞬間じゃないかと思います!」と弾けんばかりの笑顔を見せる。大塚が「舞台挨拶というものに登壇するのが人生で初めてで」と明かすと、宮野はより一層大きな声で「歴史的瞬間でしょ!?」と観客とともに記念すべき瞬間を祝った。

そして大塚から「こんなに長いこと佐藤さんをやってますと、普段から佐藤さんの頭で考える生活になってしまう」と驚きの告白が。殺しても死なない亜人の佐藤は、常に微笑んでいるような顔をしながら人類の大量虐殺を企てるテロリスト。大塚は会場をざわつかせつつ「これほど刺激的な人間に関わってしまうと、仕事としても生活としても、刺激のない寂しいものになるんじゃ……と途方に暮れています」とシリーズ完結を惜しんだ。これを受け、佐藤と行動をともにする田中役の平川も「僕も常に芳忠さんに寄り添って、付き人のように過ごしていかなければいけないなと。気持ちを新たにしています」と話して観客を笑わせる。

佐藤の醸し出す不気味さに話が及ぶと、キャストたちはそれぞれに佐藤の恐ろしさについて口を開く。宮野はビルを倒壊させた佐藤が笑みを浮かべながら落下していく、第2部「亜人-衝突-」のワンシーンを挙げ、「(本作はセリフを先に収録するプレスコのため)絵がない状態で収録したけど、芳忠さんの高笑いがものすごかったからそれだけで怖くて。佐藤が楽しそうに自分の帽子を届けさせる場面にも恐怖を感じました」と語った。

また平川は「田中的には、佐藤から『君は射撃がうまくならないね』って言われるのが一番怖い」と、田中ならではの感想で会場中を納得させる。大塚は「声を荒げることは少ないけど、それが佐藤の怖さ。これまでもう(数が)わからないぐらい悪い役をやってきましたが、今までは『これぞワルだろ!』っていう典型的なものが多かった。でも佐藤さんは普通のおじさんなんです!」と自身にとっても新たな挑戦だったことを明かした。司会者から「これまでやった役の中でワル度は何%?」と聞かれると、大塚は「最強だと思います!」と断言。この日一番の喝采を浴びた。

イベントの締めくくりで宮野は「すごく今、幸せです。うまく言葉にできないくらい」と感極まった様子で挨拶。「僕は亜人なので命は懸けられないけど、命以外の全てを懸けたこの作品がついにクライマックス。そしてそこに芳忠さんがいてくれる喜びを僕自身噛み締めております。この作品に関われてうれしかったし、届けられてうれしい。これからテレビシリーズも始まって、『亜人』は盛り上がっていきます」と観客に語りかけ、舞台挨拶は幕を閉じた。「亜人 -衝戟-」は、本日9月23日から10月13日までの3週間限定で全国ロードショー。10月7日よりMBS、TBS、BS-TBSの“アニメイズム”枠でテレビアニメ「亜人」第2クールもオンエアされる。

(c)桜井画門・講談社/亜人管理委員会

コミックナタリーをフォロー