「オタクの用心棒」「やす子の太陽」の山浦章が逝去

557

「オタクの用心棒」などで知られる山浦章が、2月中旬に心不全で逝去していたことが関係者への取材でわかった。享年48歳。葬儀は遺族や近親者のみで執り行われた。

「ご存知!!オタクの用心棒」

「ご存知!!オタクの用心棒」

大きなサイズで見る

山浦は1986年、徳間書店のアンソロジー「キャプテンJr.」2号に掲載された「鮹」にて商業デビュー。月刊少年キャプテン(徳間書店)などで発表された「オタクの用心棒」「ボクらはみんな生きている」、月刊アフタヌーン(講談社)掲載の「やす子の太陽」、月刊チャンピオンRED(秋田書店)に連載された「うなれ!マキシマム」など、独特の絵柄で展開されるギャグ作品で知られている。1990年代後半からはフィギュアの原型師としても活動していた。

山浦章のほかの記事

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 山浦章 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。