藤子・F・不二雄ミュージアム、2011年川崎にオープン

17

2011年、ドラえもんの誕生日である9月3日に川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムが開館する。

新たに描き下ろされたドラえもんのイラスト。2年後の開館が待ち遠しい。

新たに描き下ろされたドラえもんのイラスト。2年後の開館が待ち遠しい。

大きなサイズで見る(全2件)

屋外広場のイメージ図。真ん中に佇んでいるのはドラえもん?(C)藤子プロ

屋外広場のイメージ図。真ん中に佇んでいるのはドラえもん?(C)藤子プロ

大きなサイズで見る(全2件)

神奈川県川崎市が発表した基本計画案によれば、ミュージアムでは「ドラえもん」など代表作品の原画展示やオリジナルの短編アニメ上映のほか、F作品が収蔵されたライブラリー、限定グッズが販売されるオリジナルショップ、F作品に登場する空き地をイメージした屋外広場などを設置する。

施設は鉄筋コンクリート3階建て。藤子Fが長年住居を構えた川崎市多摩区にある、生田緑地内に建設される。入場を1日4回、各500名程度に制限することで、より快適なミュージアム体験を実現するとのこと。

なおミュージアムの名称は現在仮称だが、来年6月の川崎市議会の承認を経て「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」に正式決定される模様だ。

川崎市では6月19日から7月24日にかけて、ミュージアムに関する意見をパブリックコメントとして募集する。寄せられた意見を参考にして、基本計画を決定する。

この記事の画像(全2件)

藤子・F・不二雄のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 藤子・F・不二雄 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。