コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

西義之が青年誌に初登場、不思議な少女と青年の出会い描く読切

899

本日12月15日に発売されたミラクルジャンプ2016年1月号(集英社)には、「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」「魔物鑑定士バビロ」の西義之による新作読み切り「摂津と春」が掲載されている。西が青年誌に執筆するのはこれが初めて。

「摂津と春」の主人公は仕事をクビになってしまった無職の青年・摂津裕一。そんな彼が叔父の紹介で働くことになった国立生物研究所で、とある秘密を抱えた不思議な少女と出会う場面から物語は始まる。

また今号では貴家悠原作による橘賢一「テラフォーマーズ」のスピンオフ「テラフォーマーズ外伝 鬼塚慶次」が新連載として始動。作画はののやまさきが担当する。このほかオニグンソウ「もののがたり」がウルトラジャンプ(集英社)へと移籍することも発表された。2016年1月19日発売の同誌2月号より掲載される。

コミックナタリーをフォロー