コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

志倉千代丸の小説「Occultic;Nine」マンガ版、goodアフタで開幕

111

志倉千代丸の小説「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」のマンガ版が、本日10月7日発売のgood!アフタヌーン11号(講談社)にて開幕した。コミカライズは銃爺が手がける。

「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」は「CHAOS;HEAD」「STEINS;GATE」など科学アドベンチャーシリーズで知られる志倉の小説家デビュー作品。ニート生活を夢見るオタク男子・我聞は、超常現象を論破するブログを運営し、アフィリエイトで一攫千金を目指している。ブログの伸び悩みを打開すべくオカルト研究者を訪ねてみると、そこにいたのは……。キャラクター原案はpako、構成は花林ソラが担当。

また飯島しんごう「怪談イズデッド」の音声付き動画が制作されたことを記念し、今号には飯島によるドラマ収録レポートが掲載された。マンガとオーディオドラマがセットになった「声憑き動画『怪談イズデッド』」は、無料サービスA-KOEにて配信中。トイレの花子さん役を福圓美里、テケテケ役を島崎信長、プールの幽霊役を南條愛乃が務めている。

このほか田中一行「エンバンメイズ」が、次回よりWebマンガサイト・マンガボックスに移籍することが明らかに。最新3巻は本日発売された。

コミックナタリーをフォロー