東京喰種イベント、花江「2期からが本番」

161

石田スイ原作によるTVアニメ「東京喰種トーキョーグール」のファンイベント「東京喰種 24区 SECRET RECEPTION」が、去る10月11日に都内某所にて開催された。

(左から)花江夏樹、雨宮天、小島瑠璃子、森田修平。

(左から)花江夏樹、雨宮天、小島瑠璃子、森田修平。

大きなサイズで見る(全10件)

イベントは「来場者は東京24区にやって来た喰種たち」という設定のもと進行。会場全員がマスクを着用するという、一風変わった光景が広がっている。金木研役を務めた花江夏樹、霧嶋董香役を務めた雨宮天、同作のファンを公言するタレントの小島瑠璃子が登壇しイベントはスタートした。

雨宮は会場を見渡し「こういう雰囲気の中でイベントをやるのはあまりないことなので緊張しています」と告白する。小島から金木役を演じるにあたっての苦労を問われた花江は「物を吐くというお芝居を、これまでやったことがなかったので……」と前置きし、「吐いてしまうくらいに物を食べたりしました」と役作りのエピソードを披露した。雨宮も「董香ちゃんはいろいろな感情を持っている子なので、言葉の裏側にあるものを表現するのが大変でした」とアフレコを振り返る。

雨宮天(左)と花江夏樹。

雨宮天(左)と花江夏樹。[拡大]

トークショーの中盤にはアニメの監督を務めた森田修平監督が登場。「重大発表があります」と語り、イベント当日の朝に出来上がったばかりだというムービーが会場のモニターに映し出される。映像の最後で、アニメ第2期が2015年1月からスタートする旨が告知されると会場は大盛り上がり。森田監督は「1期は(髪が黒い)黒カネキ君の人生を描こうと思ってやってきました。2期は(白髪になった)白カネキ君を描いていきたいです」とコメント。花江は2期の発表を受け「1期でも金木はいろいろと葛藤してきましたが、髪の毛が白くなってからの苦悩が本番だと思っています。そこをどう演じられるか、原作を読み返しながら金木と話し合いをしているところです」と意気込みを語った。

小島瑠璃子(左)と担当編集者の松尾淳平氏。

小島瑠璃子(左)と担当編集者の松尾淳平氏。[拡大]

このほかイベントでは、ニコニコ静画にて公募された「東京喰種トーキョーグール」の静止画MADコンテストのグランプリ獲得者への表彰式も行われた。なお本日10月16日の週刊ヤングジャンプ46号(集英社)では、「東京喰種トーキョーグール」の新章「東京喰種トーキョーグール:re」がスタートしている。

この記事の画像(全10件)

石田スイのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 石田スイ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。