コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「マリさん」の矢寺圭太描く、恋する巨大少女

121

「マリさん」で知られる矢寺圭太の約4年ぶりとなる単行本「大彼女」が、小学館クリエイティブより刊行された。

「大彼女」はその名のとおり、巨大化する女子高生・満島ひかるの物語。天文部の先輩に憧れる普通の女子高生だった彼女だが、ある日ひょんなことから異星人と融合し、巨大化能力を得てしまう。そんなひかるがなぜか怪獣と戦ったり恋に悩んだりする、アホらしくもかわいいラブコメ作品だ。単行本には月刊ヒーローズ(ヒーローズ)にて発表された4編のほか、描き下ろしの最終話も収録されている。

発売を記念しCOMIC ZINやまんが王では、購入特典としてイラスト入りのペーパーを配布中。配布状況は店舗によって異なるため、購入前に店頭で問い合わせよう。

コミックナタリーをフォロー