圧倒的画力で1万RTされた17歳マンガ家、なかよしで初連載

279

本日6月3日に発売されたなかよし7月号(講談社)にて、17歳の新人作家・長谷垣なるみによる新連載「利根川りりかの実験室(ラボラトリー)」がスタートした。

長谷垣なるみ「利根川りりかの実験室(ラボラトリー)」カット

長谷垣なるみ「利根川りりかの実験室(ラボラトリー)」カット

大きなサイズで見る(全3件)

長谷垣は2012年、15歳の頃に「ディア→ディア!」を投稿。圧倒的な画力とキャラクターの魅力が評価されデビューを飾り、Twitterでも「15歳とは思えない」と1万リツイートを超え話題となった。その後、3作の読み切りや前後編がなかよしに掲載。今月号より新連載に挑む。

「利根川りりかの実験室」は、著名な科学者を母に持つものの、それがコンプレックスで科学嫌いになってしまった女子高生・利根川りりかが主人公。ある日彼女が、アルと名乗る天才科学者に出会うところから物語が始まる。毎号、アルキメデスなど過去の天才科学者たちを現代に召喚して、日常のミステリーを解決していく。

原作を担当するのは、累計50万部突破を突破した小説「浜村渚の計算ノート」シリーズの青柳碧人。長谷垣の描くイケメン科学者と、科学の知識を盛り込んだストーリーにも注目したい。

この記事の画像(全3件)

関連記事

長谷垣なるみのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 長谷垣なるみ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。