コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

SF映画エンダーのゲームを佐藤秀峰がマンガ化&無料配信

53

「ブラックジャックによろしく」などで知られる佐藤秀峰が、映画「エンダーのゲーム」のコミカライズを手がける。

マンガ版は2014年1月11日より、サイト・漫画on Webにて無料公開。映画を観賞しインスパイアされた佐藤が、物語の導入部を描く。映画は1月18日より全国公開。

佐藤秀峰コメント

今はTVも漫画もアニメも映画も観ない僕ですが、実は高校生の頃「エンダーのゲーム」の続編小説だけは読んでいたんです(笑)。今回原作も読んで「エンダーのゲーム」がクリエイターに影響を与えたのは凄くわかりますね。ちょっとイジりたくなる感じがするんです。影響を受けてても“パクリ”って言われちゃうから、中々言葉にしにくいですけどね(苦笑)。
映画「エンダーのゲーム」は映像も音も迫力があって面白いのはもちろんですが、僕はストーリーも魅力的でした。主人公の成長物語で手抜き無く描かれてます。僕は普通の人が努力して立派になるのが好きなので、エンダーには「凄いんだから悩まずに頑張りなさいよ!」とも思っちゃいますが(笑)。
海保や医者でなく初めて“宇宙”が題材で、いつも通り楽に描けばいいのですが、ついついペンに力が入って一生懸命描いてるので、楽しみにしていて下さい。

コミックナタリーをフォロー