熊倉隆敏

熊倉隆敏

クマクラタカトシ

1974年生まれ、栃木県出身。初連載作品となる「もっけ」を2000年にアフタヌーンシーズン増刊で開始し、途中掲載誌を月刊アフタヌーン(ともに講談社)へ移行しながら2009年まで執筆する。そのほかの代表作に「ネクログ」、冲方丁原作によるコミカライズ作品「十二人の死にたい子どもたち」など。2021年12月に青騎士(KADOKAWA)で新連載「つらねこ」を開始。