市橋俊介

市橋俊介

イチハシシュンスケ

1996年、コミックアレ!(マガジンハウス)にて「枇杷」でデビュー。以降はコミックビーム(アスキー、現エンターブレイン)でのイラストや作品発表を中心に活動。2003年に同誌にて「敗北DNA」を連載開始。哀愁を漂わすほどダメな人間を題材にした4コマギャグを描き、コアなマンガ好きの注目を集めている。