ステージナタリー

「黒執事」TV放送、古川雄大×玉城裕規×三津谷亮×輝馬の副音声付き

1992

古川雄大

古川雄大

「ミュージカル『黒執事』~NOAH’S ARK CIRCUS~」が、11月23日21:00からWOWOWライブにて放送される。

副音声解説付きで放送される本作。収録を終えたセバスチャン役の古川雄大は「ここは実は……という、出演者しか知らないような情報や裏エピソードを盛り込めたらいいなと思った」と語る。同じく収録に参加した玉城裕規三津谷亮輝馬と約1年ぶりに再会したと言う古川は「約3時間、深い話からどうでもいい話までしゃべりまくっていました」と収録を振り返った。

2幕については「内容がどんどんシリアスになっていくので、全員で黙って見入ってしまう場面があった」と述べ、サーカス団のシーンでは「はじめに登場したときの迫力ある映像がズルい」とコメント。また映像のカメラワークに感心した様子を見せ、「セバスチャンがふとした瞬間に意味深な表情をしたり、不意に振り返ったりするとき、僕なりにそれに意味を込めて演じていました。それを映像に収めてくださっていて、観てくれていたんだ、ありがとうございます!という気持ちになりました」と明かした。

改めて「黒執事」の魅力を再確認したと話す古川は「オープニングの世界観から、登場人物が本当に魅力的だと思いました。コミカルとシリアスのバランスが絶妙。報われない物語ではあるけれど、その分いろんなことを考えさせてくれる」と感慨深げに語った。

また12月から上演される新作「ミュージカル『黒執事』-Tango on the Campania-」について、「今回の放送を観て、ぜひ観にきて欲しい。原作はもちろんですが、これまでのシリーズを観ておくと、物語の伏線があったりするので、さらに物語の深い部分を楽しめると思います」と呼びかけた。なお11月23日18:00からは同チャンネルで「ミュージカル『黒執事』-地に燃えるリコリス2015-」が放送される。

枢やなのマンガ「黒執事」を原作とした本シリーズ。新作「-Tango on the Campania-」では、新たな演出に児玉明子を迎え、「豪華客船編」のエピソードが描かれる。12月31日から2018年1月14日まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演され、1月から2月にかけて兵庫、愛知、石川、福岡を巡演する。

WOWOWライブ「ミュージカル『黒執事』-地に燃えるリコリス2015-」古川雄大×植原卓也×荒木宏文×佐々木喜 副音声解説付き

2017年11月23日(木・祝)18:00~21:00

WOWOWライブ「ミュージカル『黒執事』~NOAH’S ARK CIRCUS~」古川雄大×玉城裕規×三津谷亮×輝馬 副音声解説付き

2017年11月23日(木・祝)21:00~23:30

「ミュージカル『黒執事』-Tango on the Campania-」

2017年12月31日(日)~2018年1月14日(日)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

2018年1月19日(金)~22日(月)
兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール

2018年1月26日(金)~28日(日)
愛知県 江南市民文化会館

2018年2月3日(土)・4日(日)
石川県 本多の森ホール

2018年2月10日(土)~12日(月・祝)
福岡県 久留米シティプラザ

原作:枢やな(掲載「月刊Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
脚本:Two hats Ltd.
演出:児玉明子
出演:古川雄大内川蓮生 / 植原卓也味方良介原嶋元久、岡崎百々子(さくら学院)、高木俊(※「高」ははしご高が正式表記)、寺山武志内海啓貴、秋園美緒、那須幸蔵、河合龍之介 / 和泉宗兵 / 佐々木喜英 ほか

(c)2016 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト

ステージナタリーをフォロー