ステージナタリー

橋爪功×井上芳雄「謎の変奏曲」真実を知った、男たちの結末は

386

「謎の変奏曲」公開ゲネプロより。

「謎の変奏曲」公開ゲネプロより。

「謎の変奏曲」が、本日9月14日に東京・世田谷パブリックシアターで開幕する。

「謎の変奏曲」は、1996年にフランス・パリで初演されたエリック=エマニュエル・シュミットの戯曲。エニグマ(謎)がタイトルに冠されたイギリスの作曲家、サー・エドワード・エルガーの楽曲「ENIGMA VARIATIONS」をモチーフに、2人の男による心理ゲームが繰り広げられる。今作では演出を森新太郎が担当。翻訳は岩切正一郎が新たに手掛けた。

ノルウェー沖の孤島に建つ屋敷に、銃声とともに1人の若者が駆け込んでくる。男の名前はラルセン(井上芳雄)。人里離れたこの屋敷に住む、ノーベル賞作家・ズノルコ(橋爪功)に独占取材をしに訪れたのだ。偏屈者のズノルコに手を焼きながらも、男と女の往復書簡を題材にした彼の新作恋愛小説「未完の愛」について、インタビューを進めるラルセン。ヒロインに実在のモデルはいないと言い切るズノルコと、作り物ではないディティールがあると食い下がるラルセンの議論は平行線を辿る。そんな中ズノルコは、ラルセンが回しているテープレコーダーに電池が入っていないことを見抜き……。交わされるのは“愛”についての議論。話が深まるたびに、2人の“愛”にまつわる衝撃的な真実が次々と明かされていく。

白夜が終わりまさに夜に落ちていく、ある日の午後の数時間を切り取った本作。タイムリミットを告げるかのように、外は次第に暗くなり、舞台上はラストに向かって紫色に染まっていく。2人のやりとりはあるときは軽妙に笑いを誘い、またあるときはキャストが椅子に腰掛ける音までが響くほど張り詰めた空気の中で、スリリングに展開する。

この濃密な脚本をたった2人で引っ張る橋爪と井上は、緩急のある演技で最初から最後まで観客を引きつけた。橋爪はクセのある作家役を、落ち着いた物腰と唇の両端を上げてニヤッと笑う仕草で表現。一人芝居かと錯覚させるほど長い独白では、朗々と美しいセリフ回しを聞かせた。もう一方の井上は背中を丸め実直な青年役に扮し、実はズノルコに負けず劣らずクセのある役どころを、持ち前の美声と品性で愛すべきキャラクターとして立ち上げた。

議論の末、元には戻れぬほどの真実を知ってしまった男たちの結末は、劇場で確かめよう。上演時間は途中休憩ありの2時間30分。東京公演の当日券は、開演1時間前から劇場窓口にて販売される。東京公演は9月24日まで、その後、大阪、新潟、福岡と巡演する。

「謎の変奏曲」

2017年9月14日(木)~24日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

2017年9月30日(土)・10月1日(日)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2017年10月3日(火)
新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場

2017年10月7日(土)・8日(日)
福岡県 大野城まどかぴあ

原作:エリック=エマニュエル・シュミット
翻訳:岩切正一郎
演出:森新太郎
出演:橋爪功井上芳雄

ステージナタリーをフォロー