ステージナタリー

ローザスの名作「ファーズ」が15年ぶりに日本上陸、併演に「時の渦」

645

ローザス「ファーズ―FASE」より。(c)Herman Sorgeloos

ローザス「ファーズ―FASE」より。(c)Herman Sorgeloos

ローザス「ファーズ―FASE」が、5月2・3日に東京・東京芸術劇場 プレイハウス、5月10日に愛知・名古屋市芸術創造センターで上映される。

ローザスは、ピナ・バウシュの後継者の1人とも言われる振付家のアンヌ・テレサ・ドゥ・ ケースマイケルが主宰するベルギーのダンスカンパニー。日本で15年ぶりに上演される「ファーズ―Fase」は、ローザス結成の契機となった名作であり、このたびアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル自身が出演することでも注目を集めている。

また併演される「時の渦―Vortex Temporum」では、ローザスのダンサー7名と、ベルギーの現代音楽アンサンブル・イクトゥスのミュージシャン7名が共演。公演は、5月5日から7日まで東京芸術劇場 プレイハウス、5月13日に愛知・愛知県芸術劇場 大ホールにて。「ファーズ」「時の渦」共に、東京公演のチケットは2月11日、愛知公演のチケットは1月20日に一般発売される。

ローザス「ファーズ―FASE」

2017年5月2日(火)・3日(水・祝)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2017年5月10日(水)
愛知県 名古屋市芸術創造センター

出演:アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル ほか

ローザス&イクトゥス「時の渦―Vortex Temporum」

2017年5月5日(金・祝)~7日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2017年5月13日(土)
愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール

出演:ローザス
演奏:アンサンブル・イクトゥス

ステージナタリーをフォロー