ステージナタリー

おかげさまでナタリー10周年

「I Love Musical」第3弾、演出の石丸さち子「私がワクワクする!」

364

「I Love Musical」製作発表フォトセッションの様子。後列左から新納慎也、坂元健児、岡田浩暉、泉見洋平、前列左から石丸さち子、玉置成実、貴城けい、久野綾希子、大塚千弘。

「I Love Musical」製作発表フォトセッションの様子。後列左から新納慎也、坂元健児、岡田浩暉、泉見洋平、前列左から石丸さち子、玉置成実、貴城けい、久野綾希子、大塚千弘。

12月に開催される「I Love Musical」の製作発表が昨日10月5日に都内で行われ、出演者の泉見洋平岡田浩暉坂元健児新納慎也大塚千弘久野綾希子貴城けい玉置成実と、演出を手がける石丸さち子が登壇した。

「I Love Musical」はミュージカルを愛するキャストたちが集い、珠玉のナンバーを披露するコンサート。第3弾となる今回は、構成・演出を石丸さち子が手がけ、音楽監督を鎌田雅人が担当する。

一般のオーディエンス50人が見守る中、石丸は開口一番、「私がワクワクする! ということはお客さんにもワクワクしてもらえる曲を選んだつもりです!」と宣言。そして「この顔ぶれを見たときに『ハッピーな曲をやりたい!』と直感してダンサブルな曲を用意しました。それらを1曲ずつ聴いていただいたり、楽しいメドレーで繰り広げたり」と構想を明かす。

また数あるミュージカルの中から1作品を取り上げ、そのナンバーを歌うコーナーでは「ミス・サイゴン」を選定。「全員で『ミス・サイゴン』に登場するナンバーをどんどん歌っていくような構成も考えています。プロフェッショナルな楽しい方が集まりましたので、トークあり笑いあり、そして心を打つ歌であらゆる喜怒哀楽に浸れるようになっています」と語った。

「ミュージカルならこんな豪華なメンバーは揃えられないんですよ。ギャラの問題で(笑)」と口火を切ったのは新納。「でも今回はコンサートだから可能になったんです! ミュージカルならきっとチケット代が1万5000円くらいしてしまうと思いますが、今回はお得ですよ!」と呼びかけ、会場の笑いを誘った。

各人が意気込みを述べたあと、話題は「自分が一番好きなミュージカル」のことへ。「ダンス・オブ・ヴァンパイア」を挙げたのは泉見だ。「非常に思い出深いですし、宝物になっていて忘れられません。『サラへ』を歌うとなったときに、作品からラブレターをもらったような気持ちになったことを覚えています。今でも大切に歌い続けたいと思っています」と熱弁をふるう。

前回の「I Love Musical」第2弾では構成・演出も手がけた岡田。「選ぶのが難しい」と苦笑しながらも、「1つに絞るなら『レミゼ』になるのかな……」と自他共に納得の回答。「ミュージカル作品をちゃんと観たのも『レミゼ』でしたし、出たのも『レミゼ』が初めてでした。台本と曲の奥深さ。毎回、命を削っていくような思いで演じていましたが、それを全て受け止めてくれる作品でした」と作品に対する思いを語った。

坂元が挙げたのは「ミス・サイゴン」。「上京して初めて観た作品が『ミス・サイゴン』。いつかこの作品に出たい気持ちがずっとあって、30歳で劇団四季を退団したあと、オーディションでクリスとジョンの2役に受かりました。これから演じたいのはエンジニア。こっそり1人で練習します(笑)」とアピールした。

また、実はもともとミュージカルが大嫌いだったという新納は、「仕事だから出ていましたが『もうやらない』『出ない』と思っていた矢先に出会ったのが『RENT』でした。こういう作品があるんだったらミュージカルを続けよう!と思って現在に至ります」と述べる。「でも残念ながら『RENT』には出ていません(笑)。本当はロジャーがやりたいけど、二十歳くらいの設定なんですよね? このメンバーでやりません?」と共演者たちに呼びかけ、笑いを誘った。

大塚は「長く演じると自分の中に役が残るんですよね」と前置きしつつ、「初演・再演含めて長く演じた『レベッカ』です。イッヒとともに私も成長できたと思います。リーヴァイさんの曲も大好きでした。彼の曲を歌わせていただいたことは自分の中でも大きいですね」と感慨深げに語った。

数々の名作に出演している久野は「ウエストサイド物語」と「エビータ」を挙げ、「『ウエストサイド』で育ててもらったという思いがあります。オーバーチュアを聞いただけでドキドキしちゃう」と笑い、また「エビータを演じた時に『これでこの仕事に就くんだ』と実感することができました。それまでは青春の一時代として駆け抜けてきた感があったのですが、エビータの役を作っているときに『舞台に立って生きていくんだ』と心に決めましたので」と振り返る。

貴城は、上演時に評判が高かった「サイド・ショウ」。「自分の中で大切にしている作品です。結合双生児の役で、稽古場から相方の樹里咲穂さんと腰をずっとくっつけて踊ったり歌ったり芝居をしなければならず、最初はとても大変だったのですが。ヘンリー・クリーガーの名曲も素晴らしかったです」と述べる。

本シリーズ初参加で最年少の玉置は「自分が初めて出演した『スウィート・チャリティ』が思い出深いですね。先日も知英さんが主演されている舞台を観に行かせていただきました。愛がすごい深い作品なので大好きです」と笑顔で答えた。

なお製作発表の最後には、全員が1曲ずつミュージカルナンバーを歌唱する時間も設けられた。公演は12月17・18日に東京・東京グローブ座にて。「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」「エリザベート」「エビータ」「コーラスライン」などの楽曲がステージを彩る予定だ。

「I Love Musical」

2016年12月17日(土)・18日(日)
東京都 東京グローブ座

構成・演出:石丸さち子
音楽監督:鎌田雅人
出演:相葉裕樹泉見洋平岡田浩暉坂元健児新納慎也大塚千弘久野綾希子貴城けい玉置成実

ステージナタリーをフォロー