音楽ナタリー

K「キットカット」イベントで新曲弾き語り

83

左から月川翔監督、ミッキー・カーチス、本仮屋ユイカ、K。

左から月川翔監督、ミッキー・カーチス、本仮屋ユイカ、K。

ネスレ日本「キットカット」のコンセプトシネマ「ビタースウィート~オトナの交差点~」PRイベントが本日10月7日、東京・六本木ヒルズアリーナにて開催された。

「ビタースウィート~オトナの交差点~」はネスレ日本が展開するコンセプトシネマプロジェクトの第1弾として、月川翔が監督を手がけたショートフィルム。エンタテイメントサイト「ネスレアミューズ」内に開設されたWEB上の無料映画館「ネスレシアター on YouTube」にて「春子篇」「夏子篇」が公開されたのに続いて、本日10月7日からは「秋子篇」「冬子篇」が公開となり、これで全4編がそろった。

今回はネスレ日本「キットカット オトナの甘さ」ブランドの新コンセプト「オトナの自分を、楽しもう」を訴求すべく、10月7日が「キットカットのオトナの日」の記念日に制定されたことにちなんでイベントが開催。イベントでは「春子篇」主演の本仮屋ユイカ、謎のタクシー運転手役のミッキー・カーチス、主題歌「Brand New Day」を担当するだけでなく自身も「秋子篇」にメインキャストとして出演しているKが登壇し、3人は劇中で使用されたタクシーに乗ってステージに現れた。

その後、監督の月川翔も加わってトークセッションに突入。Kは主題歌「Brand New Day」を月川監督と何度もやりとりしながら完成させたことを明かした。また本作で初めて演技を経験したKは、劇中でシャワーシーンも披露。しかし「撮影に向けて体を引き締めた」にも関わらず、「いざ映像を観たら首から上しか映ってなかった(笑)」という。そんなKの初演技について、大先輩のミッキー・カーチスは「演技がすごく自然。違和感なかったよ」と太鼓判を押した。

さらに特別ゲストとして、映画心理カウンセラーのコトブキツカサも登壇し、出演者3人が選んだお気に入りの映画3作品から導き出した心理分析結果を伝えていった。本仮屋が「アンコール!!」「恍惚の人」「最強のふたり」、ミッキー・カーチスが「乱暴者(あばれもの)」「北国の帝王」「キャット・バルー」といったこだわりの作品を挙げる中、Kは「LIFE!」「最強のふたり」「ターミネーター2」という3作品をピックアップした。これを受けてコトブキが「1本目に最新作を挙げてくる人は、いい意味で流行に敏感。吸収力が非常に強いが、ときとして現場に流されやすい」と分析結果を告げると、Kは大爆笑。「料理屋さんに行って、注文がなかなか決められない人」という解説に、Kは「そうそう!」と同意する一幕もあった。また「友達やパートナーに対して何かしてあげたくなるタイプで、相手の喜ぶ顔が見たく、サービス精神旺盛にふるまう」「正義感が強くて今、何かを守りたいとい気持ちが表れている」という分析には、「好感度が上がる(笑)」と言って会場の笑いを誘った。

そしてイベント終盤では、Kが「ビタースウィート~オトナの交差点~」の主題歌「Brand New Day」をピアノの弾き語りで披露。会場が温かい雰囲気に包まれたところで、約1時間にわたるイベントは幕を下ろした。なおKの新曲「Brand New Day」は現在iTunes Storeやmora、レコチョクなどで配信中。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】