映画ナタリー

東山紀之が「曇天に笑う」に岩倉具視役で出演、本広克行も太鼓判押す

194

東山紀之が、福士蒼汰の主演作「曇天に笑う」に出演していることがわかった。

本作で東山が演じたのは、300年に1度復活し、人々に災いをもたらすとされている大蛇(オロチ)の伝説について調査をしている政治家・岩倉具視。大蛇討伐を目的とした部隊・犲(やまいぬ)を極秘に組織し、大蛇復活を阻止するべく情報を収集するという役どころだ。なお犲の隊員役は、古川雄輝、小関裕太らが務めた。

東山は「岩倉具視役に対する熱き思いや、福士蒼汰くん、中山優馬の情熱を見て頂ければと思います」とコメント。また監督の本広克行は「まちがいなく、日本映画史上もっとも格好良い岩倉具視でしょう」と東山の演技に太鼓判を押した。

唐々煙のマンガをもとにした「曇天に笑う」は、2018年3月21日より全国ロードショー。

東山紀之 コメント

監督・本広克行の印象

非常に大きな心で現場を包んで下さいました。若い出演者達を見る監督の目が父親のようで、とても微笑ましかったです。

歴史上の人物・岩倉具視役を演じてみての感想

歴史的にみても、非常に影響力の大きく、偉大な方です。初めて演じさせて頂けた事は、とても光栄な事だと思います。

役作りについて

歴史像に合わせるというよりも、本作での役柄に引き寄せたイメージで臨みました。

どのようなところを見てほしいか

本広監督の世界観を受けて、岩倉具視役に対する熱き思いや、福士蒼汰くん、中山優馬の情熱を見て頂ければと思います。

本広克行 コメント

「曇天に笑う」の世界は、きらびやかな男たちが明治維新期を舞台に乱舞する、華々しい歴史絵巻です。
映画でも、原作のもつその魅力を活かすため、絢爛豪華なタペストリーを織り上げていくように、今をときめく若手の俳優陣が真剣勝負を繰り広げる画をいくつも積み上げていきました。
そんな中、岩倉具視を演じた東山紀之さんには、役の上でも俳優としてのキャリアの上でも、まさに重鎮として映画全体の雰囲気を締めてもらいました。
東山さん演じる岩倉は、政府直属の部隊「犲」の上司として、彼らの戦いを後方から睨む役どころでしたが、東山さんもまた若手俳優たちの演技をあたたかく、また時に厳しく見守って下さった。
彼の眼差しに支えられてはじめて、若手の皆さんものびのびと「曇天」の世界で暴れ回ることができたのだと思います。
まちがいなく、日本映画史上もっとも格好良い岩倉具視でしょう。

(c)映画「曇天に笑う」製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

映画ナタリーをフォロー