映画ナタリー

窪田正孝、「東京喰種」原作・石田スイのイラストに感激「ホクロも描いてくれた」

2697

「東京喰種 トーキョーグール」ジャパンプレミアの様子。

「東京喰種 トーキョーグール」ジャパンプレミアの様子。

東京喰種 トーキョーグール」のジャパンプレミアが本日7月10日、東京・丸の内ピカデリーにて行われ、主演の窪田正孝をはじめとするキャスト10名と、監督の萩原健太郎が登壇した。

石田スイのマンガを実写化した本作は、人を食らう怪人“喰種(グール)”がはびこる東京を舞台にしたダークファンタジー。イベントには窪田と萩原のほか鈴木伸之劇団EXILE)、桜田ひより蒼井優大泉洋小笠原海超特急)、白石隼也相田翔子柳俊太郎前野朋哉が登壇した。

舞台挨拶前に行われたレッドカーペットイベントでは、キャスト陣がエスカレーターに乗って登場するたびに歓声が上がり、最後に窪田が現れると、観客のテンションは最高潮に。フォトセッション時、窪田が額に汗をかいた小笠原を気遣うと、観客から「やさしーい」と声が飛ぶ。

舞台挨拶で主人公カネキ役の窪田は「先日、プレミアイベントでLAに行ってきたんですが熱がすごかったです。その熱が日本にもつながれば」と挨拶。CCG捜査官の真戸呉緒役の大泉は「私のビジュアルとはだいぶ違う役をやらせていただきました。今は髪の毛がチリチリですが、映画が始まるとピッと伸びて白髪になりますので、出た瞬間に吹かないようにしてください」と軽快に話し、会場の笑いを誘う。

カネキの魅力を聞かれた窪田は「真っ白で、何にも染まってないところ。だから何者にもなれる」と回答。喰種のリゼ役の蒼井は「カネキくんとは対照的に漆黒のように黒い」と役について語り、「カネキくんがいい感じで私の罠に喰い付いてくれるから演じてて楽しかった」と窪田を見ながら続ける。一方、CCG捜査官の亜門鋼太朗役の鈴木は役作りについて「マンガの中で腹筋が180個ぐらいに割れているんです。がんばっても8個にしか割れなくて、どうしようと思ってました」と笑い、「窪田さんは本当に動ける方で、演じていて楽しかったです」と撮影を振り返った。

イベントでは原作者の石田が、窪田をモデルに描いたカネキのイラストも披露。そのイラストをプレゼントされた窪田は「すごいうれしいです。僕、顔中ホクロだらけなんですけど、それもしっかり描いていただいて。感謝の言葉しかないです」と満面の笑みで語った。あわせて、石田が本日登壇したキャストをモデルに描いたキャラクターイラストが本作の入場者プレゼントになることも発表された。

最後の挨拶を振られた窪田は「今日、この作品の大きさや重さを肌で感じました。自分にとっても大きなチャンス、いい体験になりました。皆さんの力で世界に羽ばたく作品にしてもらえたら」と観客にメッセージを届けた。

「東京喰種 トーキョーグール」は7月29日より全国でロードショー。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記

(c)2017「東京喰種」製作委員会 (c)石田スイ/集英社

映画ナタリーをフォロー