映画ナタリー

日本語で創作した台湾詩人に迫るドキュメンタリー「日曜日の散歩者」8月公開

78

「日曜日の散歩者 -わすれられた台湾詩人たち-」

「日曜日の散歩者 -わすれられた台湾詩人たち-」

第53回金馬奨最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した台湾映画「日曜日の散歩者 -わすれられた台湾詩人たち-」の公開が8月に決定した。

本作は1930年代に日本統治下の台湾で活動し、その後歴史の影に埋もれてしまったモダニズム詩人団体・風車詩社に迫るドキュメンタリー。西脇順三郎やジャン・コクトーなどの影響を受け、母国語ではない日本語での詩作に葛藤しつつも、新しい台湾文学を生み出そうとした若きシュルレアリストたちの姿を追う。

監督を務めたのは、これが長編デビュー作となるホアン・ヤーリー。元メンバーの家族や研究者へのインタビュー、資料調査など約3年の期間を費やして製作された本作は、詩の朗読、写真や芸術作品を用いた資料映像、そして前衛的な手法で描かれる再現パートという3つの要素で構成されている。

「日曜日の散歩者 -わすれられた台湾詩人たち-」は、8月より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

(c)2015 Roots Fims Fisfisa Media All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー