映画ナタリー

“酒場詩人”吉田類が酒を味わう「今宵、ほろ酔い酒場で」予告編

259

「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」新写真より、吉田類。

「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」新写真より、吉田類。

“酒場詩人”という肩書きを持つ吉田類の映画俳優デビュー作「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」の予告編がYouTubeで公開。あわせてメインビジュアルと新写真も到着した。

本作は、3軒の居酒屋を舞台にしたオムニバス形式のヒューマンドラマ。吉田は劇中で案内役を務め、自身の生まれ故郷・高知を舞台にした第3話「ふるさと酒場土佐っ子」に出演している。そのほか、伊藤淳史扮する真面目なサラリーマンが次から次へと災難に巻き込まれる第2話「どつぼ酒場」、松本妃代演じる逃亡中のトップアイドルが居酒屋に駆け込む第1話「居酒屋チャンス」で構成される。

予告編では、第2話でやくざの舎弟頭に扮した津田寛治、伊藤や松本の登場シーン、警察に追われる社長役の吉田が満足そうな顔で酒を味わう姿が登場。河島英五の曲を吉田がカバーした主題歌「時代おくれ」も聞くことができる。

「鉄塔 武蔵野線」の長尾直樹がメガホンを取った「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」は、6月10日より東京・角川シネマ新宿ほかにて公開。

(c)2017『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』製作委員会

映画ナタリーをフォロー