映画ナタリー

ヒッチコックの無声映画9本を上映する特集開催、長編デビュー作やラブコメ紹介

131

アルフレッド・ヒッチコックの無声映画を集めた特集上映「ヒッチコック9」が京都・MOVIX京都にて明日2月18日から3月3日にかけて開催される。

ハリウッドに招致される前、祖国イギリスで複数の作品を手がけたヒッチコック。特集では長編デビュー作「快楽の園」、殺人鬼と疑われる男と彼を信じるブロンド少女を描いた「下宿人」、ノエル・カワードの戯曲を映画化した「ふしだらな女」、家出してフランスに渡った億万長者の娘を主人公にしたラブコメディ「シャンパーニュ」など9本がスクリーンにかけられる。

今回の特集は、英国映画協会が中心となりデジタル修復を施したバージョンのジャパンプレミア。すべての作品が音楽付き、もしくはピアノの生演奏を伴っての上映となる。

ヒッチコック9

2017年2月18日(土)~3月3日(金)京都府 MOVIX京都
<上映作品>
「快楽の園」
「下宿人」
「ふしだらな女」
「シャンパーニュ」
「ダウンヒル」
「リング」
「農夫の妻」
「マンクスマン」
「恐喝(ゆすり)」
料金:一般 1800円 / 大学、専門学生 1500円 / 高校生以下 1000円 / シニア1100円

映画ナタリーをフォロー