映画ナタリー

シアーシャ・ローナンが移民女性を繊細に演じた主演作、2016年公開

118

「ブルックリン(原題)」 (c)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

「ブルックリン(原題)」 (c)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

第73回ゴールデングローブ賞で主演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンの主演作「ブルックリン(仮題)」が、2016年に全国公開される。

多くの移民がアメリカを目指した1950年代を背景に、アイルランドの小さな町からブルックリンに移り住んだ女性エイリシュの心の機微をすくい取った本作。イタリア系移民のトミーと恋に落ち、ニューヨーカーとしての生活を吸収していくエイリシュだったが、突然の悲報により帰郷したアイルランドである運命的な再会を果たす。

「BOY A」のジョン・クローリーがメガホンを取り、「ハイ・フィデリティ」で知られる小説家で「17歳の肖像」「わたしに会うまでの1600キロ」などの脚本を手がけたニック・ホーンビィが脚本を執筆。アイルランド人の両親を持ち、ニューヨークからアイルランドへ移住した経歴を持つローナンが、2つの祖国の間で揺れ動くさまを繊細に表現した。

映画ナタリーをフォロー