コミックナタリー

刃牙を終えた板垣恵介、「謝男」の土下座哲学を大いに語る

151

板垣恵介「謝男 シャーマン」の1巻が、本日11月28日に発売された。「グラップラー刃牙」シリーズを終えた板垣の最新作は、新任教師が生徒のトラブルや悩みを土下座=座礼で解決していく異色の学園ドラマだ。

コミックナタリーは1巻発売のタイミングに合わせ、インタビューを敢行。「土下座観」の違いにより共作相手と決別し終了した「謝男 シャーマン」の前作「どげせん」から振り返ってもらい、ここまでの経緯と作品に込められた哲学について語ってもらった。

※特集記事へはこちらから!
コミックナタリー - [Power Push]謝男 シャーマン

コミックナタリーをフォロー