コミックナタリー

実写版「荒川UB」シスターに城田優、P子になっちが決定

3220

実写ドラマおよび映画化が決定している中村光「荒川アンダー ザ ブリッジ」の追加キャストが発表された。シスター役を城田優、マリア役を片瀬那奈、P子役を安倍なつみが演じる。

特殊部隊の聖教者という役どころに挑む城田は「今まで演じたことのない役柄なので、演じていてもすごく楽しい」とコメント。また片瀬は「原作では「ドS」なマリアですが、映画では、かなり「ドドS」になっています」と発言しており、仕上がりに期待感が高まる。さらに安倍は「クランクインから監督やスタッフが一丸となっていて熱い。よし!と気持ちが引き締まりました」と、活気に満ちた撮影現場の様子を紹介してくれた。

「荒川アンダー ザ ブリッジ」は荒川の河川敷を舞台としたラブコメディー。実写版のメインキャストはリク役に林遣都、ニノ役に桐谷美玲が決定している。TVドラマは今夏よりMBS・TBSの深夜枠にて放送をスタート。また映画はソニー・ピクチャーズエンタテインメントの配給により、2012年春に公開予定だ。

城田優コメント

●オファーを受けて、また原作について
原作は知らなかったのですが、台本を読んで、こんなぶっ飛んだ作品を映像化するなんて、とても楽しい事になるのではと思い、即オファーを受けさせて頂きました。シスターは、格好も性格も非常に面白い役どころで、今まで演じたことのない役柄なので、演じていてもすごく楽しいです。
●撮影を行ってみての感想
いざ撮影に入ると、想像していた何倍も素敵な現場で、毎日楽しく撮影させてもらっています。

片瀬那奈コメント

●オファーを受けて、また原作について
とっても、とっても嬉しいです。原作では、「ドS」なマリアですが、映画では、かなり「ドドS」になっています。
●撮影を行ってみての感想
現場では、撮影の2日めにして皆で飲みに行く位、仲良くなり、皆が、村の仲間になっています。シスターとの絡みも見ものですが、個人的には「星」を「ドS」にいじめるシーンに注目していただきたいです。

安倍なつみコメント

●オファーを受けて、また原作について
原作を読んで“普通”が通用しないこの作品に色んな期待を抱きました。荒川メンバーとして、この作品に関われる事が本当に嬉しいです。
●撮影を行ってみての感想
とにかくキャラクターが濃いです(笑)そしてクランクインから監督やスタッフが一丸となっていて熱い。よし!と気持ちが引き締まりました。そして現場に来る度、荒川メンバーとして存在出来る事に喜びを感じます。笑顔になれる作品だと思います。期待していて下さい。

コミックナタリーをフォロー