コミックナタリー

「鋼鉄ジーグ」が登場するイタリア映画が日本で公開、永井豪が応援コメント

1768

イタリア映画「Lo chiamavano Jeeg Robot」が、「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」の邦題で公開決定。永井豪がコメントを寄せている。

永井豪原作のアニメ「鋼鉄ジーグ」は1975年から日本で放送されたのち、1979年からイタリアでも放送され人気を博した。「鋼鉄ジーグ」を見て育ち、日本のアニメの大ファンであるガブリエーレ・マイネッティが監督を務める映画「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」には、作中に「鋼鉄ジーグ」が重要な役割で登場する。

同作はイタリア映画祭2016でも上映されたダークヒーローアクション。テロの脅威に晒される荒廃したローマ郊外を舞台に、ふとしたきっかけで超人的なパワーを得た孤独なチンピラのエンツォが、世話になった“オヤジ”の娘・アレッシアの面倒を見る羽目になったことから正義に目覚めていく。そのアレッシアはアニメ「鋼鉄ジーグ」のDVDを片時も離さないファンで、エンツォのことを「鋼鉄ジーグ」の主人公・司馬宙と同一視して慕うことになるというストーリーだ。映画はイタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では最多16部門にノミネートされ、新人監督賞、主演男優賞、主演女優賞など最多7部門を受賞した。

永井は「犯罪と汚濁まみれのローマの下町で、アニメヒーロー『鋼鉄ジーグ』に憧れる女性の為、正義の戦いに立ち上がる“男の純情”が美しい!!『ガンバレ、君は鋼鉄ジーグだ!!』」とのコメントを発表した。また約1分の特報映像では、遠藤憲一がナレーションを担当。超人的なパワーを得て驚くエンツォの姿が映し出された。

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」は5月より、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて順次全国ロードショー。

(c)2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. – Rome, Italy. All rights Reserved.

コミックナタリーをフォロー