コミックナタリー

舞台「FAIRY TAIL」ナツのビジュアル公開、宮崎秋人が鍛えた腹筋を披露

1780

真島ヒロ原作による舞台「ライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL』」で、宮崎秋人(D-BOYS)演じる主人公ナツ・ドラグニルのビジュアルが解禁された。

ナツ役に挑むにあたり体作りを行ったという宮崎は、鍛え上げられた腹筋を披露。また「初めて原作の看板を先頭に立って背負える喜びとプレッシャーは大きいですが実際に衣装に袖を通してみて、改めて『自分がFAIRY TAILのナツ・ドラグニルなんだ』と強く実感しました」とコメントを寄せた。炎以外はCG加工なしのビジュアルは必見だ。

「FAIRY TAIL」は魔導士ギルド「妖精の尻尾」に所属する魔導士のナツやルーシィの冒険を描くバトルファンタジー。舞台は4月30日より、池袋・サンシャイン劇場にて上演され、脚本と演出は舞台「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」や舞台「美内すずえ×ガラスの仮面劇場『女海賊ビアンカ』」を手がけた児玉明子が担当する。また第1弾キャストとして、グレイ・フルバスター役の白又敦(D-BOYS)、ブレイン/ゼロ役の郷本直也、コブラ役の山本一慶、リオン・バスティア役の小澤廉、ヒビキ・レイティス役の小野健斗、ミッドナイト役の古谷大和、ジェラール・フェルナンデス役の荒木宏文(D-BOYS)が発表されている。

宮崎秋人コメント

日本のみならず世界中から愛されている「FAIRY TAIL」
これが舞台「FAIRY TAIL」ナツ・ドラグニルです。
世界初上演の作品。
初めて原作の看板を先頭に立って背負える喜びとプレッシャーは 大きいですが
実際に衣装に袖を通してみて、改めて「自分がFAIRY TAILのナツ・ドラグニルなんだ」と強く実感しました。
皆さんの想像するナツに近づけるように、宮崎秋人がナツで良かったと言ってもらえるように頑張ります!

舞台「FAIRY TAIL」

原作:真島ヒロ「FAIRY TAIL」(講談社「週刊少年マガジン」連載)
脚本・演出:児玉明子
日程:2016年4月30日(土)~5月9日(月)
会場:池袋・サンシャイン劇場
出演:宮崎秋人白又敦郷本直也古谷大和山本一慶小野健斗小澤廉荒木宏文

(c)真島ヒロ/講談社 (c)「FAIRY TAIL」舞台製作委員会 2016

コミックナタリーをフォロー