コミックナタリー

「落語心中」上映会で林原めぐみ「作品と心中する気持ちで」、劇場上映も

859

(左より)与太郎役の関智一、小夏役の小林ゆう、有楽亭八雲役の石田彰、助六役の山寺宏一、みよ吉役の林原めぐみ。

(左より)与太郎役の関智一、小夏役の小林ゆう、有楽亭八雲役の石田彰、助六役の山寺宏一、みよ吉役の林原めぐみ。

TVアニメ「昭和元禄落語心中」の放送開始を記念したイベントが、12月12日に東京・日比谷公会堂にて催され、与太郎役の関智一、有楽亭八雲役の石田彰、助六役の山寺宏一、みよ吉役の林原めぐみ、小夏役の小林ゆうが登壇した。

観客はまず本編1~2話を鑑賞。劇中では椎名林檎と林原がタッグを組んだ主題歌「薄ら氷心中」が初お披露目された。続いてキャストたちが登場し、キャラについて語る「出演者口上」コーナーへ。司会を務めたニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが「与太郎は関さんそのまんまですよね」と水を向けると、関は「刑務所にはまだ入ったことないけどね」と笑いを誘い、与太郎役に決まる前に落語家の立川志ら乃に弟子入りしていたというエピソードを披露した。

石田と山寺は今作のオーディションの難しさについて意気投合。指定された落語を、自ら3分間に編集して演じるというもので、山寺は「関智一だけオーディション受けていないんですよ!」と明かし観客を笑わせた。林原が、アフレコの際に石田と山寺を両脇にはべらせて幸せを味わったと話すと、石田は「逆らえなかった」とポツリ。それを聞いた小林は「みよ吉を演じる林原さんの色気が本当にすごくて、ノックアウトされました」と興奮気味に語り、終始和気あいあいとしたトークが繰り広げられた。

そして芸人グループ・翁家社中による寄席芸能「太神楽」が壇上で行われる。ナイフ投げなどの曲芸が披露され、関も傘まわしに挑戦。傘の上で紙風船を回す芸に見事成功した。イベント最後の挨拶でキャストたちは口々にアニメ「昭和元禄落語心中」にかける情熱について語り、林原は「最初から最後まで、作品とともに心中する気持ちで追いかけてほしい」と訴えかける。関による「本日はいっぱいのお運び様、ありがとうございました!」という掛け声でイベントは幕を閉じた。

なお雲田はるこによる原作マンガ「昭和元禄落語心中」7・8巻の特装版に付いてくるOADに収められた「与太郎放浪篇」ディレクターズカット版が、期間限定で劇場上映されることが決定。劇場版では新たに音響効果を施し、キャラクターが高座で演じる落語シーンの臨場感を高めた“落語ご堪能仕様”となる。12月26日から2016年1月8日までシネマート新宿、2016年1月2日から1月8日までシネマート心斎橋にて公開される予定だ。詳細は後日アニメ公式サイトにて発表されるので、ファンはお見逃しなく。

TVアニメ「昭和元禄落語心中」放送日時

MBS:2016年1月8日より毎週金曜26:40~(初回は26:25~1時間SP)
TBS:2016年1月8日より毎週金曜26:25~(初回は25:55~1時間SP)
CBC:2016年1月8日より毎週金曜27:13~(初回は26:43~1時間SP)
BS-TBS:2016年1月9日より毎週土曜24:30~(初回は24:00~1時間SP)

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】