コミックナタリー

「ガラスの仮面」新作舞台が8月に、マヤは貫地谷しほり

467

美内すずえ「ガラスの仮面」の新作舞台が、8月に東京・青山劇場で上演される。

これまで何度も舞台化されている同作だが、松竹の主催・製作は26年ぶり。メインキャストとして北島マヤ役に貫地谷しほり、桜小路優役に関西ジャニーズJr.の浜中文一、速水真澄役に小西遼生が決定した。また役名は明らかにされていないが、一路真輝も出演者として名を連ねている。脚本・演出を手がけるのはG2。

公式サイトにはキャストとともに美内がコメントを寄せており、「舞台での、もうひとつの『ガラスの仮面』を待ち遠しく思います」と喜びをあらわにした。

美内すずえコメント

松竹さんでは26年ぶりの舞台化になります。
主人公の北島マヤは不幸を跳ね返しながら生きているような子ですが『ガラスの仮面』は幸せな作品です。
多くの才能ある方々に愛されて、今また生まれ変わろうとしています。
舞台での、もうひとつの『ガラスの仮面』を待ち遠しく思います。

貫地谷しほり(北島マヤ役)コメント

高校生の頃、コンビニで見つけ、なんとなく手に取った『ガラスの仮面』。
なかなか受からないオーディション漬けの毎日。
小さなプライドから女優になりたいと言う事すら出来なかった私にとって、全力で芝居にぶつかっていくマヤの姿は眩しすぎました。
あの時感じた衝撃の世界の入り口に、この夏、皆様をお連れできたらと思います。

浜中文一(桜小路優役)コメント

「ガラスの仮面」という、とても大きな作品に出演させていただけること、大変ありがたく思っています。
僕の演じる桜小路優は主人公のマヤをいつまでも優しく見守り、支えていく役。“優”の役名の通り、優しい男になります!
また、関西ジャニーズJr.の僕が標準語の作品に初めて出演するということで、どんな“東京男”になるのかにもご注目ください!

小西遼生(速水真澄役)コメント

誰もが知っている作品
愛され続けるキャラクター
その一員になる自覚を持って 原作ファンの方々にも まだ未知の方々にも楽しんで頂けるよう頑張ります

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞