コミックナタリー

ダ・ヴィンチで高橋留美子特集、あだち・京極との対談など

293

本日11月6日発売のダ・ヴィンチ12月号(メディアファクトリー)では、画業35周年を迎えた高橋留美子の総力特集が組まれている。表紙は、高橋の愛読書であるという京極夏彦の「豆腐小僧」を手にした、ラムの描き下ろしイラストが飾った。

特集には10ページにわたる高橋のロングインタビューをはじめ、高橋とあだち充、高橋と京極夏彦という豪華対談2本を収録。また画業35周年を祝う著名人からのメッセージコーナーには、二ノ宮知子、沙村広明、伊藤理佐、しりあがり寿がイラストを寄稿した。

さらに高橋が自身と本について綴った描き下ろしのショートエッセイマンガや、高橋作品およびキャラクターの魅力に迫る解説記事なども盛りだくさん。高橋のアニバーサリーイヤーに相応しい、充実した1冊に仕上がっている。

今号ではこのほかWEBマンガ特集も組まれ、ゆうきゆう原作・ソウ作画による「マンガで分かる心療内科」、宮条カルナ「アホリズム aphorism」といった人気作や、女子向けWEBマンガサイト・COMICポラリスのタイトルなど注目作を多数紹介。「ワンパンマン」を手がけたONEのインタビューも見逃せない。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞