お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ネイビーズアフロ「ytv漫才新人賞選考会」トップ通過、2位はニッポンの社長

283

ネイビーズアフロ (c)読売テレビ

ネイビーズアフロ (c)読売テレビ

昨日10月27日深夜、「漫才Lovers~ytv漫才新人賞選考会 ROUND2~」(読売テレビ)が放送され、ネイビーズアフロとニッポンの社長が今年度末に開催予定の「ytv漫才新人賞決定戦」への進出を決めた。

「選考会」は、芸歴10年以内の漫才師を対象にしたお笑い賞レース「ytv漫才新人賞決定戦」に挑む6組を決める戦い。年度末までに3回行われ、各回から2組の決定戦進出者が選ばれる。昨日の「選考会 ROUND2」では霜降り明星、さや香、大自然、プリマ旦那、セルライトスパら15組が火花を散らした。

今回の1位に輝いたのは「選考会」初出場のネイビーズアフロ。ツッコミのはじりは「これまで選考会の事前審査にずっと落ち続けていたので、めちゃめちゃうれしいですね!」と喜びを噛み締めた。また「決定戦」に向けて皆川は「今日のネタで僕が演じた役を見て、(審査員の)NON STYLE石田さんが『嫌な奴や』としきりに言ってくれたので、テレビを観てくれている人にも伝わったと思う。その嫌な奴キャラにブレーキをかけずにやりきりたい」と意気込んでいる。

ニッポンの社長は変則的な構成の漫才で2位通過を果たした。勝因を聞かれた辻は「入り時間が一番早かったことでしょうか。僕らいつも警備員さんに止められるくらい入りが早いんです。賞レースではいつも『もうちょっとやる気を出してほしい』と言われるんですが、実は誰よりもやる気はあるんです」とコメント。相方のケツも「勝てるネタをちゃんと用意して、入り時間も早く、体調を整えて挑みたい」と「決定戦」で自分たちの力を存分に発揮することを誓った。

なお今年7月に行われた「選考会 ROUND1」ではマユリカとロングコートダディが「決定戦」に駒を進めている。

お笑いナタリーをフォロー