お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

バナナマンがアニメ映画「ペット」日本語吹き替え版声優に、主役の犬の声

657

アニメ映画「ペット」で日本語吹き替え版声優を務めるバナナマン。(c)Universal Studios.

アニメ映画「ペット」で日本語吹き替え版声優を務めるバナナマン。(c)Universal Studios.

アニメ映画「ペット」に主役として登場する犬たちの日本語吹き替え版声優を、バナナマンが務める。

この映画は、飼い主が留守にしている間のペットたちの秘密の行動を、昨年公開された「ミニオンズ」で知られるイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオがユーモラスに描いた作品。バナナマンはその「ミニオンズ」にも声優として参加している。

「ペット」では設楽がテリア混ざりの雑種犬・マックスの声を、日村が保健所から救出されたずんぐりむっくりしたのろまな犬・デュークの声をそれぞれ担当。8月11日(木・祝)の全国公開をお楽しみに。

バナナマン設楽のコメント

──本作のオファーが来たときどう感じましたか?
「ミニオンズ」と同じスタッフが作るこの「ペット」という映画ですが、日本語吹き替えのスタッフも一緒なので、もう一度お仕事できることがうれしいのと、今回主役だって聞いて、いいのかな?大丈夫かな?と思いました。
──アフレコ収録に向けて一言!
楽しみですし、いろいろスタッフの方がやってくれるのでお任せして、一生懸命がんばりたいと思います!

バナナマン日村のコメント

──本作のオファーが来たときどう感じましたか?
「ミニオンズ」のときもすごく楽しかったんですよね。スタッフの人も上手だって褒めてくれて。また次あればいいなって思っていたら、まさかこんな形で2人でやらせていただけて本当にびっくりしました!
──アフレコ収録に向けて一言!
いろんな人が見てくれる作品になることは間違いないと思っていますし、すごく素敵な役をもらっていますので、素敵なかわいらしい映画になるように全力で頑張りたいです!

お笑いナタリーをフォロー