コンビの強みが出た、バナナマン設楽が映画「ペット」会見で相方への信頼語る

379

本日7月12日、アニメ映画「ペット」の吹替版完成報告会見が都内で行われ、声優を務めるバナナマン、佐藤栞里、永作博美宮野真守梶裕貴、イメージソングを担当する家入レオが出席した。

左から家入レオ、永作博美、バナナマン、佐藤栞里、宮野真守、梶裕貴。

左から家入レオ、永作博美、バナナマン、佐藤栞里、宮野真守、梶裕貴。

大きなサイズで見る(全12件)

バナナマン設楽

バナナマン設楽

まずはキャスト陣が本編の一部を観賞しながら、アフレコを振り返ることに。バナナマン設楽は「完成したのを1回見せてもらったんだけど、そのときよりもよくなっている」と冗談交じりに自分たちの登場シーンを絶賛。続けて「日村さんとの掛け合いは別々に録ってるんですけど、普段から一緒にいるので『向こうはこんな感じでくるかな』っていうのを考えながらやれました。それで実際『やっぱそうきたか』ってなったので。コンビの強みが出ました」と相方への信頼を語る。

質疑応答コーナーでは記者から「今日のメンバーで飼われるなら誰?」との質問が。ここでは設楽が佐藤、日村が家入と回答。理由を聞かれた日村は「歌声が素晴らしいじゃないですか。僕も歌好きですから! あと家入さんはお酒も好きと聞いて。僕も泡盛にハマってて……」と答えるが、設楽から「いやペットの話でしょ!?」とツッコまれる。しかし日村と家入はお構いなしに「飲みに行きましょう!」「ぜひぜひ!」とペットの設定を無視して盛り上がっていた。

バナナマン日村

バナナマン日村

最後は設楽が改めて「『ペット』はハートフルで、友情、アクション、冒険が全部詰まっている。出てくるキャラクターも可愛い。見どころがたくさんあるのでぜひ劇場でご覧ください」とアピール。一方、日村は「映画『ペット』とかけまして、『家の内見をすごく細かく見たい人』と解きます。その心はどちらも『何度も見たくなる』」となぞかけを披露するが、記者たちからは失笑が漏れる。この微妙な空気を察知した日村は「今日、来る途中にこれだけは言おうと思ってたんだけど……こんなにスベるとは思わなかった!」と述べ、設楽から「だって、うまくないんだもん」と笑われていた。

8月11日(木・祝)公開の「ペット」は、飼い主が留守にしている間のペットたちの様子をユーモラスに描いた作品。設楽が雑種犬・マックス、日村が保健所から救出されたのろまな犬・デュークの声を担当する。

この記事の画像(全12件)

関連記事

リンク