「攻殻機動隊 SAC_2045」新ビジュアルと映像が公開、舞台挨拶には田中敦子ら4名

93

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」のメインビジュアル第2弾と劇場予告編が到着。入場者プレゼントと舞台挨拶の情報も発表された。

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」メインビジュアル第2弾

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」メインビジュアル第2弾

大きなサイズで見る(全35件)

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」[拡大]

本作は、Netflixオリジナルアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」シーズン1に新たなシーンを加えて再構成し、全編フルグレーディングを施した3DCGアニメ。「ヤクザと家族 The Family」の藤井道人が監督を務め、アニメシリーズで共同監督を務めた神山健治荒牧伸志は総監督として参加した。

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」[拡大]

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」[拡大]

メインビジュアル第2弾には、主人公・草薙素子の姿が。イラストをイリヤ・クブシノブ、ディレクションデザインを森洸大が担当している。YouTubeで公開された予告編には、millennium paradeによる主題歌「Fly with me」の音楽に乗せて、公安9課と“ポスト・ヒューマン”のバトルが収められた。

入場者プレゼントは、メインビジュアル第2弾とクブシノブが描き下ろしたイラストを両面にあしらった特製ビジュアルシート。数量限定のため、なくなり次第配布は終了となる。

舞台挨拶は11月13日に東京・新宿ピカデリーで行われることが決定した。素子役の田中敦子、バトー役の大塚明夫、トグサ役の山寺宏一、江崎プリン役の潘めぐみが登壇する。詳細は映画の公式サイトで確認を。

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」は11月12日より2週間限定公開。

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」公開記念舞台挨拶

2021年11月13日(土)東京都 新宿ピカデリー
8:45の回上映後 / 12:15の回上映前
料金:税込2100円
<登壇者>
田中敦子 / 大塚明夫 / 山寺宏一 / 潘めぐみ

この記事の画像・動画(全35件)

関連記事

田中敦子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争 / 田中敦子 / 大塚明夫 / 山寺宏一 / 潘めぐみ / 藤井道人 / 神山健治 / 荒牧伸志 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。