SKIPシティ国際Dシネマ映画祭のコンペ作品がシネマディスカバリーズで配信

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021のコンペティション部門全24作品が、明日9月25日から10月3日にかけてシネマディスカバリーズで配信される。

シネマディスカバリーズ×SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021 オンライン配信特設ページ ロゴ

シネマディスカバリーズ×SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021 オンライン配信特設ページ ロゴ

大きなサイズで見る

これは、同映画祭が新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンライン配信で開催されることを受けたもの。国際コンペティションでは長編10作品、国内コンペティションでは長編部門6作品、短編部門8作品を配信する。いずれの作品も厳正なる一次審査を経て、104の国および地域、1084本のエントリー作品から選ばれたものだ。

国際コンペティションの審査委員長を務めるのは竹中直人。独立系配給会社ザジフィルムズ代表取締役の志村大祐、インディーのアートハウス作品のみを扱うワールドセールス会社・Alpha Violetで共同代表を務める船戸慶子、映画業界誌「Variety」でアジア映画評論家チーフを務めるマギー・リーが審査員に選ばれた。ノミネート作品は以上4名による最終審査を経て、10月3日にグランプリなど各賞が発表される。

またシネマディスカバリーズでは、白石和彌の「ロストパラダイス・イン・トーキョー」、中野量太の「チチを撮りに」、まつむらしんごの「ロマンス・ロード」、宇津野達哉の「遠い光」、松本卓也の「帰ろうYO!」など、本映画祭の過去の受賞作も配信される。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021

オンライン配信 2021年9月25日(土)~10月3日(日)
<視聴料金(税込)>
単品購入:国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門)1作品300円 / 国内コンペティション(短編部門)1作品100円
SKIPシティ映画祭見放題プラン:1480円

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021配信作品

国際コンペティション

「ケンザの瞳」(監督:エチェ・ジャンガ)
「シネマ・オブ・スリープ」(監督:ジェフリー・セント・ジュールズ)
「宴の日」(監督:キム・ロッキョン)
「国境を越えてキスをして!」(監督:シレル・ペレグ)
「ルッツ」(監督:アレックス・カミレーリ)
鬼が笑う」(監督:三野龍一
「ミトラ」(監督:カーウェ・モディーリ)
「ライバル」(監督:マークス・レンツ)
「この雨は止まない」(監督:アリーナ・ゴルロヴァ)
「野鳥観察員」(監督:テレース・アナ)

国内コンペティション 長編

「バトルクライ」(監督:谷中屋)
「赫くなれば其れ」(監督:猫目はち
「夜を越える旅」(監督:萱野孝幸)
アリスの住人」(監督:澤佳一郎
「親子の河」(監督:望月葉子)
Song for Laurel」(監督:羽蚋拓未)

国内コンペティション 短編

「10センチの彼方」(監督:松井雅也
「一夜二糸」(監督:齋藤栄美
カウンセラー」(監督:酒井善三
「冷めるのを、待っている」(監督:佐藤杏子、岡本香音)
「小山田喜久太郎」(監督:江沅庭)
「ひびき」(監督:川添ビイラル
「OKAN」(監督:村松健太)
「リトルサーカス」(監督:逢坂芳郎)

シネマディスカバリーズで視聴できる映画祭の過去作品

「ロストパラダイス・イン・トーキョー」(監督:白石和彌)
「チチを撮りに」(監督:中野量太)
「ロマンス・ロード」(監督:まつむらしんご)
「帰ろうYO!」(監督:松本卓也)
「押し入れ女の幸福」(監督:大橋隆行
「オンディーヌの呪い」(監督:甲斐さやか
「ぼくらのさいご」(監督:石橋夕帆
ラストラブレター」(監督:森田博之
Noise ノイズ」(監督:松本優作
「遠い光」(監督:宇津野達哉)
おろかもの」(監督:芳賀俊鈴木祥
「axandax」(監督:二羽恵太)
「レイディオ」(監督:塩野峻平)
※SKIPシティ映画祭見放題プランでは視聴不可

関連記事

竹中直人のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ロストパラダイス・イン・トーキョー / チチを撮りに / ロマンス・ロード / 鬼が笑う / アリスの住人 / Song for Laurel / カウンセラー / ラストラブレター / Noise ノイズ / おろかもの の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。