久住昌之原作マンガ「こどものグルメ」単発ドラマ化、子供の自由すぎる料理描く

84

久住昌之が原作を担当し、安倍吉俊が作画するマンガ「こどものグルメ」が単発ドラマ化。10月25日16時よりテレビ東京系で放送される。

石井心咲

石井心咲

大きなサイズで見る(全2件)

「こどものグルメ」メインビジュアル(原作:久住昌之、作画:安倍吉俊)

「こどものグルメ」メインビジュアル(原作:久住昌之、作画:安倍吉俊)[拡大]

Renta!で連載中の原作は、小学4年生の女の子・蓬野杏(よもぎのあん)を主人公にしたグルメマンガ。両親が共働きのため弟・栗(くり)と留守番することの多い彼女が、普段は大人の聖域であるキッチンに足を踏み入れ、自由すぎる発想で予測不可能な料理の数々を生み出すさまを描く作品だ。

ドラマでは「天才てれびくんhello,」や「全裸監督」への出演で知られ、現在12歳の小学6年生・石井心咲が主演。学校からの帰り道、友達とのふとした会話からおこげがいっぱいの焼きおにぎりが食べたくなった杏が、弟と一緒に試行錯誤を繰り返す。「ヤウンぺを探せ!」の千葉新が栗を演じている。江古田のガールズ主宰の山崎洋平が脚本、ドラマ「野武士のグルメ」「食の軍師」の瀬野尾一が監督を担当した。

マンガ「孤独のグルメ」の原作者として知られる久住は「このマンガは、今までの、いわゆるグルメからハミ出した『大人がちょっと顔をしかめるおいしさ』を描いています」「このドラマが、大人の理屈や常識を吹っ飛ばし、子供が笑って、大人もついつい笑っちゃうものになればいいなぁ、と思います」とコメントした。石井と安倍のコメントも下記に掲載している。

こどものグルメ

テレビ東京系 2020年10月25日(日)16:00~16:55

石井心咲 コメント

オーディションに合格したと連絡があった時は、びっくりして一瞬時間が止まったようでした。でもだんだんと実感が湧いてきて、「どんな撮影になるのかな? どんな物が食べられるのかな?」とワクワクはますばかりでした! 杏は明るくて元気で自由です。そして食べる事が大好きです。杏と自分がとても似ていて、すーっと役に入れました。たくさんの方に見ていただき、笑顔になってもらえて「こどものグルメ」を真似してみたいって思っていただけるように頑張ります!!

久住昌之 コメント

「こどものグルメ」、まだ単行本にもなっていないのにドラマ化、ちょっと戸惑いましたが、ありがたく、うれしいです。
このマンガは、今までの、いわゆるグルメからハミ出した「大人がちょっと顔をしかめるおいしさ」を描いています。
牛乳にストローを入れて泡を立てて飲むの、大人は嫌がります。冷めて伸びたうどんをおいしいというと嫌がります。
食パンを指でつぶして食べると、怒られます。ウズラの卵をいつまでも噛まないで口に入れていると、早く食べろと言われます。
でも子供はおいしかったし、おもしろかった。そして大人も、実はそのおいしさや楽しさを、知っています。
ボクはこのドラマが、大人の理屈や常識を吹っ飛ばし、子供が笑って、大人もついつい笑っちゃうものになればいいなぁ、と思います。「孤独のグルメ」と同じく、テーマ曲と劇中音楽を作って、応援したいと思います。どうぞよろしく。

安倍吉俊 コメント

今まで、自分の絵がアニメになった事はあったのですが、実写は初めての経験で、オーディションの映像で自分の描いた漫画の場面が再現されているのを見て、新鮮な衝撃を受けました。きっと素晴らしいドラマになると思います。とても楽しみです。原作をいただく度に「こんな料理(?)は自分では絶対思いつかないなあ」と驚きながら作画していると、時々、杏と同じ事を自分も子供の頃やっていた、と忘れていた記憶が蘇って不思議な気持ちになったりして、この驚きや不思議さを、ぜひドラマと、できたら漫画でも味わってみてください。

※安倍吉俊の吉はつちよしが正式表記

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

久住昌之のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 久住昌之 / 安倍吉俊 / 山崎洋平 / 江古田のガールズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。