生田斗真の主演舞台「偽義経冥界歌」ゲキ×シネとして上映

474

生田斗真の主演舞台「偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)」が、ゲキ×シネとして映画館で上映される。

「ゲキ×シネ『偽義経冥界歌』」ビジュアル

「ゲキ×シネ『偽義経冥界歌』」ビジュアル

大きなサイズで見る

「偽義経冥界歌」は、劇団☆新感線の旗揚げ39周年にあたる2019年に、“ 39(サンキュー)興行”として上演されたもの。大阪、石川、長野で公演を行うも、2020年に予定していた東京の一部公演と福岡公演はコロナ禍により中止となった。

本作のモチーフは、奥州三代と義経黄金伝説。源義経が奥州で匿われていたという史実をベースに、奥州三代の盛衰も絡めた物語が展開していく。主人公の“偽義経”こと源九郎義経を生田が演じ、りょう中山優馬藤原さくら粟根まこと山内圭哉早乙女友貴三宅弘城橋本さとしらも出演。劇団☆新感線の中島かずきが脚本、いのうえひでのりが演出を担当した。

「ゲキ×シネ『偽義経冥界歌』」は東京・新宿バルト9ほか全国で公開。上映時期は決定し次第発表される。公式サイトでは特報映像も公開中。

関連記事

生田斗真のほかの記事

リンク

関連商品

(c)東京グローブ座/ヴィレッヂ