「ビッグ・リトル・ファーム」小林武史、岩合光昭、市川実和子らの感想到着

74

ドキュメンタリー映画「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」を鑑賞した著名人19名からコメントが到着。新たな場面写真13枚も到着した。

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」新場面写真

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」新場面写真

大きなサイズで見る(全20件)

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」新場面写真

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」新場面写真[拡大]

本作に登場するのは、愛犬トッドの鳴き声が原因で米ロサンゼルスのアパートを追い出された夫婦、ジョン・チェスターモリー・チェスター。この映画には、2人がトッドを連れて郊外の荒れ果てた農地へ移住し、自然の厳しさに翻弄されながらも、美しいオーガニック農場を作り上げようとするさまが記録されている。写真家ロバート・ナイトのドキュメンタリー「Rock Prophecies(原題)」などを手がけたジョン・チェスターが、自ら監督を務めた。

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」新場面写真

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」新場面写真[拡大]

2019年にサステナブルファーム&パーク「KURKKU FIELDS」をオープンした音楽家の小林武史は、本作を鑑賞し「サステナブルやSDGsの言葉が溢れ出している時代、それを実感するために、僕は誰もが自然や農業に関われたり携われたりしたらいいと思う。だけれど、現実にはそうはいかないでしょ? だからこの映画があるのかもしれない。まずはこの映画を観たらいいと、本当に思う」とコメント。また動物写真家の岩合光昭は「道がわからなくなったときは、空を見上げ、風を感じ、原始を想う。清々しい顔になっていくふたりが、そう教えてくれる映画です」と、女優・モデルの市川実和子は「無駄なものなど、何ひとつない。頭の中だけで理解しようとしていた難しい言葉を、感触を、美しい映像で目の前に観せてくれた」と感想を寄せた。そのほか養老孟司坂上忍内田也哉子、南こうせつ、綾戸智恵有村昆らのコメントは、以下に掲載している。

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」新場面写真

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」新場面写真[拡大]

またこのたび到着した場面写真には、アプリコット・レーン・ファームの美しい自然が切り取られた。さらに、そこに暮らす豚や羊、犬の親子たちの姿も確認できる。ジョン・チェスターは「若い世代の人にもこの映画を観てほしいです。楽しい場面ばかりではありませんが、若者へのメッセージも込めて作りました。観客の皆さんに、自然との共生が無限の可能性を与えてくれる、ということが伝わればと願っています」と観客へメッセージを送った。

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」新場面写真

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」新場面写真[拡大]

「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」は3月14日に東京・シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開。

養老孟司(解剖学者)コメント

この作品の教訓はなんだろうか。自然にまともに付き合いなさい。
そうすればじつにさまざまなことが学べますよ。

坂上忍(俳優)コメント

晩年は動物のお世話をして、人生の幕を閉じたいと考えているわたしにとって、
本作は全てのシーンが教材であり、改めて現実の困難さを知らしめてくれた
「共存のダンス」という言葉の意味を心に刻み、
これからも動物達と正面から向き合っていきたいと、強くおもいました。

内田也哉子(エッセイスト)コメント

すぐには答えが出ないものを、希望を絶やさず、
じっと見守り続けることが苦手な現代人(わたし)にとって、
大切な作品との出会いになりました。
この「小さくて偉大な農場」の記録を、
世界中の学び舎で、ぜひ上映して頂きたいです!

南こうせつ(シンガーソングライター)コメント

本当に美しいハーモニーを、わかりやすく感じることが出来ました。
ジョンとモリーありがとう!

坂東眞理子(昭和女子大学総長)コメント

息をのむ美しさの花草、虫、木そして精一杯生きる動物達。
これは人と自然の壮大な共生と再生のドラマであり、
循環する生命への讃歌です。

鎌田實(医師・作家)コメント

すべての生き物の生も死も、喜びも悲しみも、認めてくれる理想の暮らし。
信じられない程美しい農場。誠実な映画だ。すごい! 感動した。

綾戸智恵(ジャズシンガー)コメント

マクロとかビーガンとかよくわからない私やのになんやこの映画は!
家族同様の動物の本能や人間の敵わない大自然の移り変わり、
私たちはその中で共存する一部やと気づいたとたん、
ラストで愛犬へ「いい子だ カヤ」ここで涙涙、涙、
えっ、なんでて、見てちょーだい。

小林武史(音楽家)コメント

サステナブルやSDGsの言葉が溢れ出している時代、
それを実感するために、
僕は誰もが自然や農業に関われたり携われたりしたらいいと思う。
だけれど、現実にはそうはいかないでしょ?
だからこの映画があるのかもしれない。
まずはこの映画を観たらいいと、本当に思う。

松浦弥太郎(エッセイスト)コメント

今、私たちの暮らしに足りないものは何か。
向き合いべきもの、学びべきものは何か。
そんな大切なものをいくつも知ることができました。

加藤登紀子(歌手)コメント

農業は生物多様な生態系と共存できると信じた人たちの、8年間の貴重な記録!
命は美しくも、激しく、難しさでいっぱい!
でも生まれ、戦い、死によってさえ土が育つ。全ての映像に生命の躍動を感じました。

岩合光昭(動物写真家)コメント

道がわからなくなったときは、空を見上げ、風を感じ、原始を想う。
清々しい顔になっていくふたりが、そう教えてくれる映画です。

土井善晴(料理研究家)コメント

人間がするべきことをすれば、自然は答えてくれる。
全ての命には役目があって、美しい自然の秩序を作る。
傷ついた地球。人間唯一の住処をいたわりたいと思った。

大平一枝(文筆家)コメント

90分間、心を揺さぶられ続けるのは、
人生と大地の壮大な8年間が正直に丹念に、描かれているからだ

久慈浩介(南部美人 5代目蔵元)コメント

自然の美しさ、そして儚さ、協調の大切さと葛藤と戦う姿。
伝統農法こそ未来。素晴らしい言葉です。
まさに古からの歴史を持つ酒造りにも通じました。
微生物との共生無しに酒造りはありません。

有村昆(映画コメンテーター)コメント

親子で見るべき一本!
無駄に見える全ての事は「サイクル」で繋がっている。
我々は自然に生かされていることを知り、子供の為にと思ってみたら、
親が勉強になる最高作!! お父さんお母さん目から鱗ですよ。

四井真治(パーマカルチャーデザイナー)コメント

僕ら家族も日々の生活の中でできる堆肥を土に還し
他の生きものの多様性を増やす暮らしを行なってきた中で
命の仕組みに気づきそれを形にしてきました。
この映画はそれが正しかったんだよと言ってくれたように思い、妻は横で泣いていました。
多くの人の未来への勇気と生きる上での
進むべき方向のヒントを与えてくれる映画だと思います。

野村友里(フードディレクター)コメント

これからの生き方の一つの答えが見つかる。
大自然が起こすいくつもの奇跡に心が満たされる傑作です。

市川実和子(モデル・女優)コメント

無駄なものなど、何ひとつない。
頭の中だけで理解しようとしていた難しい言葉を、感触を、
美しい映像で目の前に観せてくれた。

高坂勝(「次の時代を先に生きる」著者)コメント

自然はパーフェクト。故に全てをマウンティングするヒトを排除し始めた。
この映画で君は次の時代の解に近づけるか!

※高坂勝の高ははしごだかが正式表記

この記事の画像・動画(全20件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2018FarmLore,LLC