映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ゲームでは神、現実では殺人犯!?チ・チャンウク主演「操作された都市」冒頭映像

57

「操作された都市」

「操作された都市」

チ・チャンウク主演作「操作された都市」より、本編の冒頭映像がYouTubeにて公開された。

「トンマッコルへようこそ」のパク・クァンヒョンが監督を務めた本作は、わずか3分16秒の間に殺人犯に仕立てられた男の姿を描くサスペンスアクション。チ・チャンウクがゲーマーの間で“神”と呼ばれる主人公クォンを演じたほか、シム・ウンギョンアン・ジェホンオ・ジョンセがキャストに名を連ねる。

映像には、ゲーム内で“クォン隊長”が部隊を率いてスピーディなアクションを展開するシーンを収録。パク・クァンヒョンはこの場面について「まるで観客が実際の戦闘に参加しているような体験ができたらと考えた。架空のゲームのワンシーンではなく、現実の都会の真ん中で起こる戦争シーンとして描こうと思った」と語っている。

「操作された都市」は1月20日より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほか全国で順次公開。また20日と21日限定で上記2つの劇場のみ、韓国版ビジュアルのチラシが入場者プレゼントとして配布される。

(c)2017 CJ E&M CORPORATION, TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED

映画ナタリーをフォロー