映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「HiGH&LOW」ラスカルズ&鬼邪高トーク、稲葉友「俺はヒロインだと思ってる」

9353

「『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』公開記念スペシャルトークイベント in アニメイト」の様子。

「『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』公開記念スペシャルトークイベント in アニメイト」の様子。

「『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』公開記念スペシャルトークイベント in アニメイト」が本日8月25日に東京・アニメイト池袋本店にて開催され、キャストの黒木啓司山田裕貴稲葉友鈴木貴之一ノ瀬ワタル、脚本家の平沼紀久が登壇した。

観客には登壇者の名前が伏せられていたため、White Rascalsと鬼邪高校のテーマ曲とともにキャストが現れると大歓声が上がった。各キャラの背景に関するトークでは、稲葉演じるKIZZYの話題へ。平沼は下半身あたりを指しながら「KIZZYはWhite Rascalsに戻ってくるまでの間に海外でこのへんをいろいろと……」とあえて曖昧に説明。柳俊太郎扮するKAITOとの関係について言及する中では「稲葉を見た瞬間にBLをやりたいっていう気持ちに駆られた」と告白した。「俺がヒロインだと思ってます」と断言した稲葉は、KIZZYのキャラクターパネルがステージに上げられると「あらきれい」と思わず一言。黒木はKIZZYの写真を見て「普段通りじゃないですか? 夜飲みに行ったときとか、すっごい近づいてくるなと思った」と笑う。

さらに黒木から「『ドラゴンボール』で言うと僕の演じるROCKYがベジータ。KIZZYが人造人間18号で、KAITOが17号」と言われた稲葉は、「俺、女の子か……。後にクリリンの嫁となるキャラですね」と返す。黒木から「クリリン?」と言われたスキンヘッドの一ノ瀬は、稲葉をすすめられると「ありがとうございます!」と言って笑いを起こした。

山田は自身が演じた鬼邪高校の番長・村山について「鬼邪高には100発殴られて耐えたら番長になれるという設定がある。だから村山はゾンビで行こう、とアクション監督ともお話して。立ち方もゾンビっぽく見せた」と、猫背で両腕をぶらりと下げる立ち方を再現。「でも裏設定があって、殴ったら手が痛いから、こうやってぶら下げてるんです(笑)」とも明かした。平沼は「村山は、僕が書いた中で一番成長してくれたキャラクター。山田くんの俳優としての力をいっぱい入れてくれた。ここまで村山を引き上げてくれてありがとう」と感謝を述べた。

プライベートでも仲のいい山田、鈴木、一ノ瀬。山田は「3人の中に共通して、負けたくないっていう気持ちがある。俺ら3人ともエキストラから俳優を始めていることもあって、そういう“負けたくねえぞ精神”が鬼邪高を引き上げてると思う」と熱く語る。鈴木演じる古屋に関して、山田が「俺らが勝手に作った裏設定の中では、古屋はめちゃくちゃ頭がいい。東大に行けるレベルなんですけど、喧嘩がしたいから鬼邪高に入ってるんです」と言うと、平沼も「初めて聞きました!」とびっくり。関役の一ノ瀬については、鈴木と山田が「彼は緊張しいなので、とにかくあんまり離れないようにしてました」「首輪が必要なんです(笑)」とコメントする。また鈴木が「関ちゃんが村山への愛を全部作ってくれている。それが彼の顔面に出ることによって、村山の1位っていうポジションが象徴される」と言うと、平沼が「山王連合会が仲間のイメージだから、最初鬼邪高は違うものを考えていた。でも村山が負けたときに関がいい顔をしてくれたことから、鬼邪高のイメージが変わっていったんです」と裏話を披露した。

最後に黒木が「自分たちが愛情を込めた作品が、こうやって出回ってうれしく思います。(動員)50万人、60万人……いや、70万人は行きたいですね!」とファンに訴えかける。そして6人そろってハイタッチで観客全員を見送り、イベントは終了した。

「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」は全国の劇場で上映中。なお続編「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」は11月11日に封切られる。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記

(c)2017「HiGH&LOW」製作委員会

映画ナタリーをフォロー