映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

音楽映画の祭典で次世代監督を発掘、横濱HAPPY MUS!C映画祭

28

「歯まん」 (c)2015歯まん

「歯まん」 (c)2015歯まん

音楽がテーマのインディペンデント作品を集めた、横濱HAPPY MUS!C映画祭2015が神奈川のシネマ・ジャック&ベティにて明日11月21日から23日にかけて開催される。

5年目を迎える同映画祭では、映画製作・配給を行うガチンコ・フィルムとの連携により、若手監督を積極的に支援。2011年には「トイレのピエタ」の監督・松永大司による音楽ドキュメンタリーが上映されたことも。

コンペティションでは、音楽映像部門、長編部門、短編部門から最優秀賞や観客賞を選出。そのほか、第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭など海外の映画祭に出品された岡部哲也監督作「歯まん」などの招待作品もラインナップに組み込まれ、3日間で計26本がスクリーンにかけられる。最終日には短編上映や表彰式が無料で開催されるので、気軽に足を運んでみては。

横濱HAPPY MUS!C映画祭2015

2015年11月21日(土)~23日(月・祝)神奈川県 シネマ・ジャック&ベティ
<上映作品>
「歯まん」
「ソーリーベイベー」
「雨時々晴れ」
「フールジャパン 鉄ドン危機一発」
「MIME」
「ぼくらのさいご」ほか
料金:1300円
※11月23日(月・祝)の特別上映、クロージング・表彰式のみ無料

映画ナタリーをフォロー