映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

クリス・パイン主演、奇跡の海難救助描く「ザ・ブリザード」が来年2月公開

51

「ザ・ブリザード」 (c) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

「ザ・ブリザード」 (c) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

1952年に実際に起きた海難事故救出劇を映画化した、「ザ・ブリザード」の日本公開が決定した。

本作は、ブリザードに襲われ真っ二つに裂けた巨大タンカー・SSペンドルトン号の生存者32人の救出に、定員12人の小型救助艇で挑んだ4人の沿岸警備隊員の実話を描く物語。小型救助艇の船長バーニー・ウェーバー役を「スター・トレック」シリーズのクリス・パインが演じ、エリック・バナケイシー・アフレックベン・フォスターらが脇を固める。脚本を担当したのは「ザ・ファイター」のスコット・シルヴァー、ポール・タマシー、エリック・ジョンソン。「ラースと、その彼女」で注目され、インド人初のメジャーリーガー誕生の実話を描いた「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピーが監督を務めている。

「ザ・ブリザード」は、2016年2月27日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー