だれかの木琴

だれかの木琴

ダレカノモッキン

2016年9月10日(土)公開 / 上映時間:112分 / 製作:2016年(日本) / 配給:キノフィルムズ

(C)2016 『だれかの木琴』製作委員会

解説 井上荒野の同名小説を『もう頬づえはつかない』『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の名匠・東陽一監督が映画化。常盤貴子、池松壮亮をキャストに迎え、平凡な主婦が些細なきっかけでストーカーに変貌していく様を描き出す。現代の女性が抱く飢餓感や疎外感をテーマに、それと対峙する男の姿を捉え、人と人との共鳴・共振の物語を紡いでいく。

ストーリー 娘と夫と共に東京郊外の家に引っ越してきた主婦・小夜子は、新く見つけた美容院で髪を少し切った。帰宅後、担当美容師の海斗から小夜子に営業メールが届く。それに何気なく返信したことから、不思議な感情にとらわれた小夜子は、一方的に海斗に執着し始める。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:東陽一

キャスト

親海小夜子:常盤貴子
山田海斗:池松壮亮
佐津川愛美
親海光太郎:勝村政信
山田真歩
岸井ゆきの
木村美言
小市慢太郎
細山田隆人
河井青葉

螢雪次朗

だれかの木琴の画像