映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

ぼくのおじさん

ぼくのおじさん

ボクノオジサン

解説

ユーモアあふれる昭和の文豪・北杜夫の小説を『苦役列車』『もらとりあむタマ子』の山下敦弘監督が映画化。変わり者だが憎めないおじさんと甥っ子が、おじさんのひと目惚れの相手を追いかけてハワイに旅立つヒューマンコメディ。『探偵はBARにいる』の松田龍平が独特の飄々とした持ち味を活かし、子役との軽妙な掛け合いで珍道中を盛り上げる。

ストーリー

学校で作文の宿題を出された小学生の雪男は、家に居候している父方の“おじさん“を題材にしようと考える。大人のくせにマンガばかり読んでいるダメな“おじさん“だが、お見合い相手の美女エリーにひと目惚れ。エリーを追いかけてハワイに渡ろうと策を練る。

2016年11月3日(木)公開 / 上映時間:110分 / 製作:2016年(日本) / 配給:東映

(C)1972 北杜夫/新潮社 (C)2016「ぼくのおじさん」製作委員会

(C) PIA

ぼくのおじさんのニュース

映画ナタリーをフォロー